トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「開発時注意点」の絞り込み結果 : 5件

5件中 1 〜 5 表示  1 

No.448 SQLにprimarykeyの「0」を渡す?

◆SQLの扱いでの注意
autoincreamentのprimarykeyに「0」を渡す必要なし!!
※OpenPNEのdbクラスで勝手に補ってくれる
 73     // 中カテゴリ(仮)「グループ」を追加
 74     $sql = 'SELECT MAX(sort_order) + 1 FROM c_commu_category_parent';
 75     $params = array();
 76     $sort_order = db_get_one($sql, $params, 'main');
 77     $c_commu_category_parent_data = array (
 78                                     'c_commu_category_parent_id' => 0, ←不要!
 79                                     'name' => 'グループ',
 80                                     'sort_order' => $sort_order,
 81                                   );
 82     // c_commu_category_parentにデータを挿入
 83     $c_commu_category_parent_id = db_insert('c_commu_category_parent', $c_commu_category_parent_data);
 84 
 85     
更新:2008/10/29 20:56 カテゴリ: OpenPNE2  > 開発時注意点 ▲トップ

No.426 重要な(バージョンのついてない)エンハンスメント

type:エンハンスメント(enhancement) = 機能追加
  •     バージョンのついてないエンハンスメント     :通常の機能追加 →「開発版」にのみ適用
  •     バージョンのついたエンハンスメント:重要な機能追加 ・・・「開発版」で先行し、様子を見て「安定版」に適用
【基準】
重要な機能の追加 
→セキュリティに関わるもの
→動作の安定性に関わるもの

【流れ】
先行して開発版でリリース

2週間実稼動

安定版に反映

開発版でのみおこなわれたバグ修正・機能追加を安定版に対してもおこなう場合の条件

以下の条件をすべて満たしているバグ修正、機能追加のみ、安定版に対してもおこなうことができる。

  • 安定版リリース2週間前までに開発版としてリリースされている(コミットだけではダメ)
  • DB構造変更の必要がない
  • 安定動作に支障がないと判断されたもの

引用元

更新:2008/10/25 19:40 カテゴリ: OpenPNE2  > 開発時注意点 ▲トップ

No.346 IPアドレス帯域

495 define('CHECK_KTAI_IP', true) の時

webapp/lib/ktaiIP.php

ここにないIPは全てPCからのアクセスとみなす


http://a.hatena.ne.jp/co3k/ でこまめにチェック

はてなアンテナ「えび」

※注意
更新日も更新すること→サイトで確認!
IPアドレスも要確認!!!

(確認手順)
  1. IP情報をコピペ
  2. ソースの形式に置換
  3. ソースにはり、svn diで差分を確認
更新:2008/10/09 11:53 カテゴリ: OpenPNE2  > 開発時注意点 ▲トップ

No.186 エラー変数名をわかりやすく

次に挙げる理由から、この変更は少しわかりにくいと感じます。

  • 26行目の $errors と、今回40行目に追加された $errors が、同じ変数名なのに用途が微妙に食い違っています
    • 26行目の $errors は入力されたメンバーIDに関するエラーを表す一方、40行目の $errors はメンバーリストに関するエラーを表しています
    • 一度定義された変数の役割を途中から変更してしまうのはあまり好ましくないと感じます
    • 40行目の $errors の定義部分がわかりにくい(役割が変更されたことに気がつかない)のも混乱のもとかもしれません
  • 似たようなエラー処理が二ヶ所で個別に記述されています
  • エラーの種類が一個なのに、「空配列を定義」→「エラーが存在すれば配列の要素を追加」という処理をわざわざおこなうのはやりすぎです

もし修正するのであれば、以下のような修正方法を提案します。

  • $errors を別の名前にし、何についてのエラーを表しているのかを明確にする
        26	        $id_format_errors = array(); 
                :
        40	        $c_member_list_errors = array(); 
    
  • c_member_list についてのエラー処理には $errors を使わない
        38	        $c_member_list = $this->db_get_c_member_list($start_id,$end_id); 
        39	        if (!$c_member_list) { 
        40	            $this->handleError(array('該当するメンバーの情報がありません。')); 
        41	        } 
    
        38	        $c_member_list = $this->db_get_c_member_list($start_id,$end_id); 
        39	        if (!$c_member_list) { 
        40	            admin_client_redirect('csv_download', '該当するメンバーの情報がありません。'); 
        41	        } 
    
  • エラー処理をすべて冒頭部分でおこなえるようにする(具体案浮かばず)
更新:2008/09/12 17:24 カテゴリ: OpenPNE2  > 開発時注意点 ▲トップ

No.181 ダブルクオート・シングルクオート

また PHP においては、特別な事情(変数の展開を文字列内でおこなう必要がある・可読性が著しく低下するなど)がない限り文字列をダブルクオートではなくシングルクオートで囲むことをお勧めします。
更新:2008/09/11 14:01 カテゴリ: OpenPNE2  > 開発時注意点 ▲トップ
5件中 1 〜 5 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0