トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「関数」の絞り込み結果 : 88件

88件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4 ... 次の10件> 最後»

No.2695【引用】PHP:小数点以下第2位で四捨五入、第2位まで表示

PHP:小数点以下第2位で四捨五入、第2位まで表示
はじめの計算

$d0 = ( 93 / 1389 ) * 100 ;
var_dump ( $d0 ) ; // 出力結果 float(6.69546436285)

小数点以下第2位で四捨五入

$d1 = round ( $d0 , 2 ) ;
var_dump ( $d1 ) ; // 出力結果 float(6.7)

小数点以下第2位まで出力
値がなければ0で埋めるというフォーマットで。

$d2 = sprintf ( " %01.2f " , $d1 ) ;
var_dump ( $d2 ) ; // 出力結果 string(4) "6...

引用元

更新:2016/03/20 08:49 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.4379【引用】PHP関数のインクリメンタルサーチ | PFIS

PHP関数のインクリメンタルサーチ | PFIS
http://www.php-function.info/

引用元

更新:2012/03/31 00:32 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.3568 メソッドについての情報を取得

var_dump(ReflectionMethod::export(Doctrine::getTable('Diary'), 'getMemberDiaryList'));exit;
更新:2011/04/14 23:14 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.3516 ある値が指定の個数だけ格納された配列を作る:array_fill()関数

ある値が指定の個数だけ格納された配列を作る :array_fill() 関数



array_fill

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

array_fill配列を指定した値で埋める

説明

array array_fill ( int $start_index , int $num , mixed $value )

パラメータ value を値とする num 個のエントリからなる配列を埋めます。 この際、キーは、start_index パラメータから開始します。

パラメータ

 

start_index

返される配列の最初のインデックス。 非負のインデックスのみをサポートしています。

num

挿入する要素数。

value

要素に使用する値。

返り値

値を埋めた配列を返します。

エラー / 例外

num が 1 より小さい場合に E_WARNING が発生します。

 

例1 array_fill() の例

<?php
$a 
array_fill(56'banana');
$b array_fill(-22'pear');
print_r($a);
print_r($b);
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [5]  => banana
    [6]  => banana
    [7]  => banana
    [8]  => banana
    [9]  => banana
    [10] => banana
)
Array
(
    [-2] => pear
    [0] => pear
)

注意

負の値をキーに指定した場合についての詳細な説明は、マニュアルの 配列 のセクションを参照ください。





引用元

更新:2011/03/15 11:48 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.3454 リクエストヘッダをすべて取り出す

 
リクエストヘッダをすべて取り出す
getallheaders を使います。

<?php
$headers 
getallheaders();
while (list (
$header$value) = each ($headers)) {
    echo 
"$header$value\n";
}
?>

ユーザからのすべてのHTTPリクエストヘッダを取得できます。

引用元

更新:2011/02/22 13:40 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.629【引用】sprintf !!

$path = sprintf('%s.%s/', SONETSNS_SUBDOMAIN, SONET_SNS_DOMAIN);   ↓

 

例7 sprintf() : 整数のゼロ埋め

<?php
$isodate  =  sprintf ( "%04d-%02d-%02d" ,  $year ,  $month ,  $day );
?>

PHP:小数点以下第2位で四捨五入、第2位まで表示

2006-10-05 (木) 16:43
PHP

ちょっとはまってしまった。

はじめの計算

$d0 = ( 93 / 1389 ) * 100 ...

引用元

更新:2010/10/26 23:43 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.611【引用】頻繁に使うが並びを忘れる;;



 strpos  (検索対象, 検索する文字)
substr ( 対象文字列, 開始位置, 切り出す長さ)

str_replace ( mixed $search , mixed $replace , mixed $subject [, int &$count ] )

引用元

更新:2010/10/26 22:49 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.2760 PHPと仲良くなろう&minus;empty()とdefine()&minus;

PHPと仲良くなろう − empty()とdefine() −

はじめに

こんにちは、グリーでエンジニアをやっている梶原と申します。

今日は、以前PHPについて気になって調べたことについて、紹介したいと思います。

敬遠されがちなPHPですが、中身を知ると自然と愛着が湧いてきます。

empty()について

empty()と言えば、PHPが誇る7不思議関数のひとつです。

こちらにある通り、どうしてtrueになるのかfalseになるのか不明な点が多い関数です。

empty()が呼ばれる箇所を見てみたいと思います。

  • php-5.3.2/Zend/zend_vm_execute.h
22701 static int ZEND_FASTCALL  ZEND_ISSET_ISEMPTY_VAR_SPEC_CV_HANDLER(ZEND_OPCODE_HANDLER_ARGS)
22751   switch (opline->extended_value & ZEND_ISSET_ISEMPTY_MASK) {
22752     case ZEND_ISSET:
22753       if (isset && Z_TYPE_PP(value) == IS_NULL) {
22754         Z_LVAL(EX_T(opline->result.u.var).tmp_var) = 0;
22755       } else {
22756         Z_LVAL(EX_T(opline->result.u.var).tmp_var) = isset;
22757       }
22758       break;
22759     case ZEND_ISEMPTY:
22760       if (!isset || !i_zend_is_true(*value)) {
22761         Z_LVAL(EX_T(opline->result.u.var).tmp_var) = 1;
22762       } else {
22763         Z_LVAL(EX_T(opline->result.u.var).tmp_var) = 0;
22764       }
22765       break;
22766   }

22759行目からemptyの処理になります。

isset()がfalseなものはempty()ではtrueになります。

isset()でtrueなものには、i_zend_is_true()でチェックが行われます。

i_zend_is_true()について

i_zend_is_true()を見てみましょう。

  • php-5.3.2/Zend/zend_execute.h

i_zend_is_true()はzend_execute.hに定義されています。

80 static inline int i_zend_is_true(zval *op)
81 {
82   int result;
83
84   switch (Z_TYPE_P(op)) {
85     case IS_NULL:
86       result = 0;
87       break;
88     case IS_LONG:
89     case IS_BOOL:
90     case IS_RESOURCE:
91       result = (Z_LVAL_P(op)?1:0);
92       break;
93     case IS_DOUBLE:
94       result = (Z_DVAL_P(op) ? 1 : 0);
95       break;
96     case IS_STRING:
97       if (Z_STRLEN_P(op) == 0
98         || (Z_STRLEN_P(op)==1 && Z_STRVAL_P(op)[0]=='0')) {
99         result = 0;
100       } else {
101         result = 1;
102       }
103       break;
104     case IS_ARRAY:
105       result = (zend_hash_num_elements(Z_ARRVAL_P(op))?1:0);
106       break;
107     case IS_OBJECT:
108       if(IS_ZEND_STD_OBJECT(*op)) {
109         TSRMLS_FETCH();
110
111         if (Z_OBJ_HT_P(op)->cast_object) {
112           zval tmp;
113           if (Z_OBJ_HT_P(op)->cast_object(op, &tmp, IS_BOOL TSRMLS_CC) == SUCCESS) {
114             result = Z_LVAL(tmp);
115             break;
116           }
117         } else if (Z_OBJ_HT_P(op)->get) {
118           zval *tmp = Z_OBJ_HT_P(op)->get(op TSRMLS_CC);
119           if(Z_TYPE_P(tmp) != IS_OBJECT) {
120             /* for safety - avoid loop */
121             convert_to_boolean(tmp);
122             result = Z_LVAL_P(tmp);
123             zval_ptr_dtor(&tmp);
124             break;
125           }
126         }
127       }
128       result = 1;
129       break;
130     default:
131       result = 0;
132       break;
133   }
134   return result;
135 }

関数を見てみると、変数の型別にチェックしてるのがわかります。

i_zend_is_true()はempty()では反転して評価されることを踏まえて、

配列の場合、105行目でzend_hash_num_elementsが空であればempty()はtrueになったり、

文字列の場合、97、98行目で文字列の長さが0のときと文字列の長さが1のときでも中身が’0′であればempty()はtrueになったりという実装になっています。

定数の話とTRUE, FALSE, NULLについて

次は定数の話とTRUE, FALSE, NULLがなにものかについてです。

PHP上で使ってみると、

var_dump(TRUE);
var_dump(FALSE);
var_dump(NULL);
bool(true)
bool(false)
NULL

となって、論理型とNULLを定義する定数です。

こちらに書かれている通り定義済みの定数として知られています。

どこで定義されているかを見ていきましょう。

TRUE、FALSE、NULLはzend_constants.cのzend_register_standard_constants()内で定数として定義されています。

  • php-5.3.2/Zend/zend_constants.c
96 void zend_register_standard_constants(TSRMLS_D)
97 {
 
118     zend_constant c;
119
120     c.flags = CONST_PERSISTENT | CONST_CT_SUBST;
121     c.module_number = 0;
122
123     c.name = zend_strndup(ZEND_STRL("TRUE"));
124     c.name_len = sizeof("TRUE");
125     c.value.value.lval = 1;
126     c.value.type = IS_BOOL;
127     zend_register_constant(&c TSRMLS_CC);
128
129     c.name = zend_strndup(ZEND_STRL("FALSE"));
130     c.name_len = sizeof("FALSE");
131     c.value.value.lval = 0;
132     c.value.type = IS_BOOL;
133     zend_register_constant(&c TSRMLS_CC);
134
135     c.name = zend_strndup(ZEND_STRL("NULL"));
136     c.name_len = sizeof("NULL");
137     c.value.type = IS_NULL;
138     zend_register_constant(&c TSRMLS_CC);

関数の中身を覗いてみると、zend_constantに 123、129、135行目でそれぞれの定数の名前をnameに、 またそれぞれのvalue、typeを入れて zend_register_constant()を通して定数として定義されます。

zend_register_constant()は定数の登録を行う関数です。

define()について

ここでPHP上で定数を定義する際に用いるdefine関数について見てみます。

  • php-5.3.2/Zend/zend_builtin_functions.c
623 ZEND_FUNCTION(define)
 
633   if (zend_parse_parameters(ZEND_NUM_ARGS() TSRMLS_CC, "sz|b", &name, &name_len, &val, &non_cs) == FAILURE) {
634     return;
635   }
 
637   if(non_cs) {
638     case_sensitive = 0;
639   }
 
678   c.value = *val;
679   zval_copy_ctor(&c.value);
680   if (val_free) {
681     zval_ptr_dtor(&val_free);
682   }
683   c.flags = case_sensitive; /* non persistent */
684   c.name = zend_strndup(name, name_len);
685   c.name_len = name_len+1;
686   c.module_number = PHP_USER_CONSTANT;
687   if (zend_register_constant(&c TSRMLS_CC) == SUCCESS) {
688     RETURN_TRUE;
689   } else {
690     RETURN_FALSE;
691   }
 

define()でも同じく、zend_register_constant()を通して定数の定義を行っています。 先程と違うところはzend_constant.flagsに大文字小文字を区別するかのフラグがdefine()の引数によりセットできます。 そのため、TRUE, FALSE, NULLは大文字小文字を区別しない定数として定義されています。 そこで大文字小文字を混ぜて、

var_dump(TRUE);
var_dump(True);
var_dump(TrUe);
var_dump(true);

を実行すると

bool(true)
bool(true)
bool(true)
bool(true)

とすべて同じ値になることがわかります。

zend_register_constant()について

zend_register_constant()で定数が登録される処理を見てみます。

  • php-5.3.2/Zend/zend_constatns.c
411 ZEND_API int zend_register_constant(zend_constant *c TSRMLS_DC)
412 {
413   char *lowercase_name = NULL;
414   char *name;
415   int ret = SUCCESS;
416
417 #if 0
418   printf("Registering constant for module %d\n", c->module_number);
419 #endif
420
421   if (!(c->flags & CONST_CS)) {
422     /* keep in mind that c->name_len already contains the '\0' */
423     lowercase_name = estrndup(c->name, c->name_len-1);
424     zend_str_tolower(lowercase_name, c->name_len-1);
425     name = lowercase_name;
426   } else {
427     char *slash = strrchr(c->name, '\\');
428     if(slash) {
429       lowercase_name = estrndup(c->name, c->name_len-1);
430       zend_str_tolower(lowercase_name, slash-c->name);
431       name = lowercase_name;
432     } else {
433       name = c->name;
434     }
435   }
 
438       zend_hash_add(EG(zend_constants), name, c->name_len, (void *) c, sizeof(zend_constant), NULL)==FAILURE) {

zend_constatnt->flagsにCONST_CSがついていないと定数名はzend_str_tolowerを通して小文字に変換されます。

最後にzend_hash_addを使ってzend_constantsに定数が登録されます。

zend_get_constant()について

  • php-5.3.2/Zend/zend_get_constant.c
224 ZEND_API int zend_get_constant(const char *name, uint name_len, zval *result TSRMLS_DC)
225 {
226   zend_constant *c;
227   int retval = 1;
228   char *lookup_name;
229
230   if (zend_hash_find(EG(zend_constants), name, name_len+1, (void **) &c) == FAILURE) {
231     lookup_name = zend_str_tolower_dup(name, name_len);
232
233     if (zend_hash_find(EG(zend_constants), lookup_name, name_len+1, (void **) &c)==SUCCESS) {
234       if (c->flags & CONST_CS) {
235         retval=0;
236       }
237     }

定数を参照するときはzend_get_constant()が呼ばれてます。

まずは渡された定数名で検索し、ヒットしなければ小文字に変換して再度検索を行ないます。

このときヒットしたものについてはCONST_CSフラグが立っていれば小文字変換後の検索は無効になってます。

さいごに

今回はPHP上での定数の話とempty()について簡単に紹介しました。

次回はarray関数について紹介したいと思います!

引用元

更新:2010/07/04 01:31 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.2643 DateTimeクラスを使ったモダンな日付処理

DateTimeクラスを使ったモダンな日付処理


今回はPHPのDateTimeクラスについてご紹介します。

-----------------------------------
最初に告知です。日本Symfonyユーザー会を設立しました!
ユーザー会の活動として、

- 入門者向けのサポート活動
- メーリングリストの運営
- ドキュメントの整理
- 公式ドキュメントやブログの翻訳
- 勉強会などのイベントの開催

などを行っていきます。また、昨晩に第1回 Symfonyユーザー会IRC集会を行いました。今後も定期的にIRCで集会を行います。内容はsymfonyに関する質問にお答えしたり、議論をしたりなど様々です。次回は6/20(日)の21時~23時開催を予定していますので、ぜひぜひご参加ください!

※ちなみにアシアルとしては金銭の管理やサーバーの提供などを行っています。Webサイトのデザインもアシアルのデザイナーが行いました。
-----------------------------------

さて本題です。皆さんDateTimeクラスはご存知ですか?PHPをお使いの方ならばdate()関数はよく使われていると思います。DateTime は日付をオブジェクトとして扱うためのクラスで、PHP 5.2.0以降から利用可能です。例えば次のようなコードがあったとします。

  1. <?php
  2.  
  3. $date = date('Y-m-d', strtotime('+3 months'));
  4. echo $date . "\n";
  5. // => 2010-09-07

これをDateTimeオブジェクトに置き換えると次のようになります。

  1. <?php
  2.  
  3. $dt = new DateTime('+3 months');
  4. echo $dt->format('Y-m-d') . "\n";
  5. // => 2010-09-07

次に、特定の日付から3ヵ月引いた日付を出す例です。

  1. <?php
  2.  
  3. $date = date('Y-m-d', strtotime('2010-09-18 -3 months'));
  4. echo $date . "\n";
  5. // => 2010-06-18

DateTimeを使うと次のようになります。下の例はPHP 5.3.0以降で利用可能なDateIntervalクラスを用いた例です。

  1. <?php
  2.  
  3. $dt = new DateTime('2010-09-18 -3 months');
  4. echo $dt->format('Y-m-d') . "\n";
  5. // => 2010-06-18
  6.  
  7. // PHP 5.3.0以降
  8. $dt = new DateTime('2010-09-18');
  9. $interval = DateInterval::createFromDateString('-3 months');
  10. echo $dt->add($interval)->format('Y-m-d') . "\n";
  11. // => 2010-06-18

DateTimeなら2038年問題も大丈夫です。

  1. <?php
  2.  
  3. $date = date('Y-m-d', strtotime('2038-04-01'));
  4. echo $date . "\n";
  5. // 1970-01-01
  6.  
  7. $dt = new DateTime('2038-04-01');
  8. echo $dt->format('Y-m-d') . "\n";
  9. // 2038-04-01

DateTimeではDateTimeZoneクラスを用いてタイムゾーンを設定することも可能です。DateTimeZoneはDateTimeのコンストラクタの第2引数にも指定可能です。

  1. <?php
  2.  
  3. $dt = new DateTime();
  4.  
  5. // Asia/Tokyo
  6. echo $dt->setTimeZone(new DateTimeZone('Asia/Tokyo'))
  7.     ->format('Y-m-d H:i') . "\n";
  8. // 2010-06-07 15:40
  9.  
  10. // Europe/London
  11. echo $dt->setTimeZone(new DateTimeZone('Europe/London'))
  12.     ->format('Y-m-d H:i') . "\n";
  13. // 2010-06-07 07:40

2つのDateTimeのdiffをとることも可能です。

  1. <?php
  2.  
  3. $dt1 = new DateTime('2010-06-18');
  4. $dt2 = new DateTime('2010-06-07');
  5. echo $dt1->diff($dt2)->format('誕生日まであと %a 日') . "\n";
  6. // 誕生日まであと 11 日

DateTime::diff()メソッドは2つのDateTimeの差分をDateIntervalオブジェクトとして返します。そのためこれはPHP 5.3.0以降から使える機能になります。

日付のイテレーションを行うDatePeriodクラスもあります。次の例は6月1日から6月30日までを1日ずつループする例です。これもPHP 5.3.0からの機能です。

  1. <?php
  2.  
  3. $period = new DatePeriod(
  4.     new DateTime('first day of 2010-06'),
  5.     new DateInterval('P1D'),
  6.     new DateTime('last day of 2010-06 +1 second')
  7. );
  8.  
  9. foreach ($period as $day) {
  10.     echo $day->format('Y-m-d') . "\n";
  11. }
  12. // 2010-06-01
  13. // 2010-06-02
  14. //  (中略)
  15. // 2010-06-29
  16. // 2010-06-30

ちょっとだけ気を付けなければならないのが new DateTime('last day of 2010-06') とすると6月30日の日付がとれるのですが、時間が00:00:00のままだとイテレーションの対象にならないようです。ですので
+1 secondsとして1秒だけ追加してあげています。(バグ?仕様?)

---------------------
追記。上記の件でもしかしてバグ?とか思って、bugs.php.netにレポートしてみました。
#52015 Ending date is ignored while iterating DatePeriod
書いた後、後方互換性が失われるので、きっとオプションで対応することになるのかなと思ったら案の定その方向で対応されるそうです。
---------------------


手短でしたが、以上がDatetimeクラスおよびそれに関連するクラスの紹介になります。詳細はPHPマニュアルをご覧ください。

いくつかサンプルを出しましたが、DateTimeを使ったからといって記述が短くなるとかそういった話ではありません。重要なのは、日付をオブジェクトとして扱えるということです。
オブジェクトの状態として日付を保持しているのであれば、フォーマットに依存せずに日付を処理することが可能です。

PHP 5でオブジェクト指向機能の強化が行われて以降、SPLやPDOを筆頭にPHP内部のクラスが充実していっています。オブジェクトで扱えると操作しやすく ていいですね。今後もこういったオブジェクト指向機能の強化や、クラスの拡張などが行われていくと思われます。今後のPHPの流れに乗り遅れないためにも ぜひ皆さんDateTimeを活用していきましょう!

※アシアルのPHPスクールに最近オブジェクト指向編ができましたので、オブジェクト指向がよくわからない方はぜひ受講してください。講師は僕が務めさせていただきます。

--------

引用元

更新:2010/06/09 09:59 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ

No.1750 配列関数

  • 配列 関数
    • array_change_key_case — 配列のすべてのキーを変更する
    • array_chunk — 配列を分割する
    • array_combine — 一方の配列をキーとして、もう一方の配列を値として、ひとつの配列を生成する
    • array_count_values — 配列の値の数を数える
    • array_diff_assoc — 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
    • array_diff_key — キーを基準にして配列の差を計算する
    • array_diff_uassoc — ユーザが指定したコールバック関数を利用し、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
    • array_diff_ukey — キーを基準にし、コールバック関数を用いて配列の差を計算する
    • array_diff — 配列の差を計算する
    • array_fill_keys — キーを指定して、配列を値で埋める
    • array_fill — 配列を指定した値で埋める
    • array_filter — コールバック関数を使用して、配列の要素をフィルタリングする
    • array_flip — 配列のキーと値を反転する
    • array_intersect_assoc — 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を確認する
    • array_intersect_key — キーを基準にして配列の共通項を計算する
    • array_intersect_uassoc — 追加された添字の確認も含め、コールバック関数を用いて 配列の共通項を確認する
    • array_intersect_ukey — キーを基準にし、コールバック関数を用いて 配列の共通項を計算する
    • array_intersect — 配列の共通項を計算する
    • array_key_exists — 指定したキーまたは添字が配列にあるかどうかを調べる
    • array_keys — 配列のキーをすべて返す
    • array_map — 指定した配列の要素にコールバック関数を適用する
    • array_merge_recursive — 二つ以上の配列を再帰的にマージする
    • array_merge — ひとつまたは複数の配列をマージする
    • array_multisort — 複数の多次元の配列をソートする
    • array_pad — 指定長、指定した値で配列を埋める
    • array_pop — 配列の末尾から要素を取り除く
    • array_product — 配列の値の積を計算する
    • array_push — 一つ以上の要素を配列の最後に追加する
    • array_rand — 配列から一つ以上の要素をランダムに取得する
    • array_reduce — コールバック関数を用いて配列を普通の値に変更することにより、配列を再帰的に減らす
    • array_replace_recursive — 渡された配列の要素を再帰的に置き換える
    • array_replace — 渡された配列の要素を置き換える
    • array_reverse — 要素を逆順にした配列を返す
    • array_search — 指定した値を配列で検索し、見つかった場合に対応するキーを返す
    • array_shift — 配列の先頭から要素を一つ取り出す
    • array_slice — 配列の一部を展開する
    • array_splice — 配列の一部を削除し、他の要素で置換する
    • array_sum — 配列の中の値の合計を計算する
    • array_udiff_assoc — データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
    • array_udiff_uassoc — データと添字の比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
    • array_udiff — データの比較にコールバック関数を用い、配列の差を計算する
    • array_uintersect_assoc — データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する
    • array_uintersect_uassoc — データと添字の比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する
    • array_uintersect — データの比較にコールバック関数を用い、配列の共通項を計算する
    • array_unique — 配列から重複した値を削除する
    • array_unshift — 一つ以上の要素を配列の最初に加える
    • array_values — 配列の全ての値を返す
    • array_walk_recursive — 配列の全ての要素に、ユーザー関数を再帰的に適用する
    • array_walk — 配列の全ての要素にユーザ関数を適用する
    • array — 配列を生成する
    • arsort — 連想キーと要素との関係を維持しつつ配列を逆順にソートする
    • asort — 連想キーと要素との関係を維持しつつ配列をソートする
    • compact — 変数名とその値から配列を作成する
    • count — 変数に含まれるすべての要素、 あるいはオブジェクトに含まれるプロパティの数を数える
    • current — 配列内の現在の要素を返す
    • each — 配列から現在のキーと値のペアを返して、カーソルを進める
    • end — 配列の内部ポインタを最終要素にセットする
    • extract — 配列からシンボルテーブルに変数をインポートする
    • in_array — 配列に値があるかチェックする
    • key — 配列からキーを取り出す
    • krsort — 配列をキーで逆順にソートする
    • ksort — 配列をキーでソートする
    • list — 配列と同様の形式で、複数の変数への代入を行う
    • natcasesort — 大文字小文字を区別しない"自然順"アルゴリズムを用いて配列をソートする
    • natsort — "自然順"アルゴリズムで配列をソートする
    • next — 内部配列ポインタを進める
    • pos — current のエイリアス
    • prev — 内部の配列ポインタをひとつ前に戻す
    • range — ある範囲の整数を有する配列を作成する
    • reset — 配列の内部ポインタを先頭の要素にセットする
    • rsort — 配列を逆順にソートする
    • shuffle — 配列をシャッフルする
    • sizeof — count のエイリアス
    • sort — 配列をソートする
    • uasort — ユーザ定義の比較関数で配列をソートし、連想インデックスを保持する
    • uksort — ユーザ定義の比較関数を用いて、キーで配列をソートする
    • usort — ユーザー定義の比較関数を使用して、配列を値でソートする

引用元

更新:2010/06/06 19:11 カテゴリ: PHP  > 関数 ▲トップ
88件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4 ... 次の10件> 最後»

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0