トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「設定」の絞り込み結果 : 7件

7件中 1 〜 7 表示  1 

No.2235 ◆タイムアウトしない環境設定

◆タイムアウトしない環境設定
-----------
export PGOPTIONS="-c statement_timeout=0"
-----------

echo $PGOPTIONS →特定の項目のみ確認
printenv    →全部の環境変数の確認

statement_timeout

パラメータ型   integer
デフォルト値   0
変更   動的(user)
値の範囲   0 ~ 2147483647

statement_timeoutは、SQLの実行を中断する経過時間をミリ秒単位で設定します。
この値に0を設定すると、SQLの実行に時間がかかっても中断されることはありません。




更新:2010/03/30 03:36 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.1534 (1)PostgreSQLユーザ追加

(1)PostgreSQLユーザ追加
※例としてユーザ名をcentosとする
[root@linux ~]# su - postgres ← postgresユーザになる

-bash-3.00$ createuser -AdPE centos ← PostgreSQLにcentosユーザを追加(システムに登録済のユーザであること)
Enter password for new user: ← パスワード応答※表示はされない
Enter it again: ← パスワード応答(確認)※表示はされない
CREATE USER

-bash-3.00$ exit ← rootユーザに戻る

以降は一般ユーザ(ここではcentosとする)で行う

(2)データベース作成
[root@linux ~]# su - centos ← centosユーザになる

[centos@linux ~]$ createdb --encoding EUC_JP test ← データベースtestを作成
CREATE DATABASE

[centos@linux ~]$ psql -l ← データベース作成確認
         List of databases
   Name    |   Owner   | Encoding
-----------+-----------+-----------
 template0 | postgres  | SQL_ASCII
 template1 | postgres  | SQL_ASCII
 test      | centos    | EUC_JP ← データベースtestが作成されている
(3 rows)
更新:2009/09/27 00:24 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.1164 ■PostgreSQLインストール

■PostgreSQLインストール

[root@linux ~]# yum -y install postgresql-server ← postgresql-serverインストール
Setting up Install Process
Setting up Repo:  crash-hat
repomd.xml                100% |=========================|  951 B    00:00
Setting up Repo:  base
repomd.xml                100% |=========================| 1.1 kB    00:00
Setting up Repo:  updates-released
repomd.xml                100% |=========================|  951 B    00:00
Reading repository metadata in from local files
crash-hat : ################################################## 75/75
base      : ################################################## 2622/2622
updates-re: ################################################## 669/669
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for postgresql-server to pack into transaction set.
postgresql-server-7.4.7-1 100% |=========================|  21 kB    00:00
---> Package postgresql-server.i386 0:7.4.7-1.FC3.2 set to be installed
--> Running transaction check

Dependencies Resolved
Transaction Listing:
  Install: postgresql-server.i386 0:7.4.7-1.FC3.2
Downloading Packages:
postgresql-server-7.4.7-1 100% |=========================| 3.0 MB    00:04
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing: postgresql-server 100 % done 1/1

Installed: postgresql-server.i386 0:7.4.7-1.FC3.2
Complete!

[root@linux ~]# yum clean packages ← ダウンロードしたパッケージを削除
Cleaning up Packages
1 packages removed

■PostgreSQL起動

[root@linux ~]# /etc/rc.d/init.d/postgresql start ← PostgreSQL起動
データベースを初期化中:                                    [  OK  ]
postgresql サービスを開始中:                               [  OK  ]

[root@linux ~]# chkconfig postgresql on ← PostgreSQL自動起動設定

[root@linux ~]# chkconfig --list postgresql ← PostgreSQL自動起動設定確認
postgresql      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off ← ランレベル2〜5のonを確認

※起動できない場合

chkconfigで自動起動にするまえに、試してみる

# /etc/init.d/postgresql start

下記のようなメッセージが表示された場合はpostgresqlの初期化が済んでいないので、それに従う。

/var/lib/pgsql/data is missing. Use "service postgresql initdb" to initialize the cluster first.
# service postgresql initdb
Initializing database: [  OK  ]
# chkconfig --level 35 postgresql on
# /etc/init.d/postgresql start
この初期化により、/var/lib/pgsql/dataの中に必要なデータが作成される。

■PostgreSQL設定

(1)PostgreSQL管理ユーザ(postgres)パスワード設定
※PostgreSQL管理ユーザ(postgres)はPostgreSQLのインストールにより作成されている
【システム上のpostgresユーザにパスワードを設定】
[root@linux ~]# passwd postgres ← システム上のpostgresユーザにパスワード設定
Changing password for user postgres.
New password: ← パスワード応答※表示はされない
Retype new password: ← パスワード応答(確認)※表示はされない
passwd: all authentication tokens updated successfully.

【PostgreSQL上のpostgresユーザにパスワードを設定】
[root@linux ~]# su - postgres ← postgresユーザになる

-bash-3.00$ psql template1 ← psqlコマンドでPostgreSQLに接続
Welcome to psql 7.4.2, the PostgreSQL interactive terminal.

Type:  \copyright for distribution terms
       \h for help with SQL commands
       \? for help on internal slash commands
       \g or terminate with semicolon to execute query
       \q to quit

template1=# alter user postgres with password 'パスワード'; ← PostgreSQL上のpostgresユーザにパスワード設定
ALTER USER ← パスワードが変更された

template1=# \q ← psqlコマンド終了

-bash-3.00$ exit ← rootユーザに戻る

(2)PostgreSQL設定
[root@linux ~]# su - postgres ← postgresユーザになる

-bash-3.00$ vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf ← PostgreSQL設定ファイル編集
#
#       Connection Parameters
#
#tcpip_socket = false
tcpip_socket = true ← 追加(TCP/IP経由でのデータベース接続許可)

-bash-3.00$ vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf ← PostgreSQL認証設定ファイル編集
以下を最終行へ追加
local all  all trust ← 追加(ローカルからのアクセスは無条件に許可)
host  all  all 192.168.1.1  255.255.255.255  trust ← 追加(内部からのアクセスは無条件に許可)
host  all  all 0.0.0.0      0.0.0.0          password crypt ← 追加(上記以外からのアクセスはパスワード認証により許可)

-bash-3.00$ exit ← rootユーザに戻る

[root@linux ~]# /etc/rc.d/init.d/postgresql restart ← PostgreSQL再起動
postgresql サービスを停止中:                               [  OK  ]
postgresql サービスを開始中:                               [  OK  ]

PostgreSQL8.2 アクセス設定Add Star

PostgreSQL8.2では、クライアントからDB接続するために、pg_hba.conf以外にpostgresql.confの設定が必要。

変更前:

listen_addresses = 'localhost'

変更後:

listen_addresses = '*'

PostgreSQL7.4では、

tcpip_socket = false

tcpip_socket = true

に変更してたんですけど、8.*系では変わってたようです。

■PostgreSQL確認

(1)PostgreSQLユーザ追加
※例としてユーザ名をcentosとする
[root@linux ~]# su - postgres ← postgresユーザになる

-bash-3.00$ createuser -AdPE centos ← PostgreSQLにcentosユーザを追加(システムに登録済のユーザであること)
Enter password for new user: ← パスワード応答※表示はされない
Enter it again: ← パスワード応答(確認)※表示はされない
CREATE USER

-bash-3.00$ exit ← rootユーザに戻る

以降は一般ユーザ(ここではcentosとする)で行う

(2)データベース作成
[root@linux ~]# su - centos ← centosユーザになる

[centos@linux ~]$ createdb --encoding EUC_JP test ← データベースtestを作成
CREATE DATABASE

[centos@linux ~]$ psql -l ← データベース作成確認
         List of databases
   Name    |   Owner   | Encoding
-----------+-----------+-----------
 template0 | postgres  | SQL_ASCII
 template1 | postgres  | SQL_ASCII
 test      | centos    | EUC_JP ← データベースtestが作成されている
(3 rows)

(2)psqlツール起動
コマンドラインでPostgreSQLデータベースを操作するツールを起動する
[centos@linux ~]$ psql test ← psqlツール起動

 Welcome to psql 7.4.1, the PostgreSQL interactive terminal.
 Type:  \copyright for distribution terms
        \h for help with SQL commands
        \? for help on internal slash commands
        \g or terminate with semicolon to execute query
        \q to quit

 test=> 

(3)テーブル作成
 test=> create table test(num int, name varchar(50)); ← テーブルtestを作成
CREATE TABLE

 test=> \d test ← テーブルtest作成確認
            Table "public.test"
 Column |         Type          | Modifiers
--------+-----------------------+-----------
 num    | integer               |
 name   | character varying(50) |


(4)データ登録
 test=> insert into test values(1,'山田太郎'); ← テーブルtestにデータを登録
INSERT

(5)データ照会
 test=> select * from test; ← テーブルtestのデータを照会
  num |   name
 -----+-----------
    1 | 山田太郎
 (1 row)

(6)テーブル削除
 test=> drop table test; ← テーブルtestを削除
DROP TABLE

(7)psqlツール停止
 test=> \q ← psqlツール停止

(8)データベース削除
[centos@linux ~]$ dropdb test ← データベースtestを削除
DROP DATABASE

[centos@linux ~]$ exit ← rootユーザに戻る

(9)PostgreSQLユーザ削除
[root@linux ~]# su - postgres ← postgresユーザになる

-bash-3.00$ dropuser centos ← PostgreSQLからcentosユーザ削除
DROP USER

-bash-3.00$ exit ← rootユーザに戻る

 

引用元

更新:2009/09/14 17:19 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.1494 PostgreSQL8.2.xを入れる



CentOS4でPostgres7系→8系にアップグレード。

  • Posted by: モトヲ
  • 2009年3月13日 17:26

ちょっとハマッたのでメモ。

CentOS4でyum install postgresqlだと、標準で7がインストールされるんだけど、今回欲しいのは8.2。普通にupdateかけても8にはならないので、ゴニョゴニョする必要あり。

まずはこちらを参考にして、yumのpostgresql8.2用リポジトリを取得&インストール。

 

[root@localhost ~]# wget http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/8.2/pgdg-centos-8.2-4.noarch.rpm

[root@localhost ~]# rpm -ivh pgdg-centos-8.2-4.noarch.rpm

で、/etc/yum.repos.d/pgdg-82-centos.repoが追加されたんだけど、ベースのリポジトリとカブるんで、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoにpostgresは除外する設定を追加。

 

[base]

(中略)

exclude=postgresql* ←これ追加

 

[update]

(中略)

exclude=postgresql* ←これ追加

で、アップデート。

 

[root@localhost ~]# yum update postgresql postgresql-server

(中略)

Error: Missing Dependency: libpq.so.3 is needed by package php-pgsql

Error: Missing Dependency: libpq.so.3 is needed by package perl-DBD-Pg

Error: Missing Dependency: libpq.so.3 is needed by package postgresql-python

って怒られた。とりあえず上の3つのパッケージを削除してみる。

 

[root@localhost ~]# yum remove php-pgsql perl-DBD-Pg postgresql-python

で再度アップデート。

 

[root@localhost ~]# yum update postgresql postgresql-server

いっちょあがり。

のつもりが、DB起動したら、古いDBの形式だって怒られたんで、DBの初期化。
postgresユーザから、

 

[root@localhost ~]# su - postgres

-bash-3.00$ initdb -D /var/lib/pgsql/data
で、ようやくいっちょあがり。

引用元

更新:2009/09/14 17:02 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.946 人称設定ファイル

/var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
更新:2009/05/25 22:35 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.945 OpenPNE2系への設置

$ createdb -U username DBNAME -E 'UTF-8'

準備したデータベース(例:DBNAME)上で、以下のSQL文を順番に実行します。

  1. OPENPNE_DIR/setup/sql/postgres74/install/install-2.12-create_tables.sql
  2. OPENPNE_DIR/setup/sql/postgres74/install/install-2.12-insert_data.sql

PNEBIZを使用する場合は上記に加えて、以下のSQL文を実行してください。

  • OPENPNE_DIR/setup/sql/postgres74/option/pnebiz-header.sql
[実行例]
(1) データベース作成 (省略可)
    $ createdb -U username DBNAME -E 'UTF-8'

(2) OpenPNEセットアップ用SQL実行
    $ cd setup/sql/postgres74/install/
    $ psql DBNAME -U username -f install-2.12-create_tables.sql
    $ psql DBNAME -U username -f install-2.12-insert_data.sql

(3) PNEBIZ用SQL実行 (オプション)
    $ cd ../option
    $ psql DBNAME -U username -f pnebiz-header.sql
更新:2009/05/25 18:28 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ

No.200 設定ファイル

「/var/lib/pgsql/data/data/pg_hba.conf」

local   all         all                               trust
# IPv4 local connections:
host    all         all         127.0.0.1/32          password sameuser
host    all         all         203.143.101.162/8     password sameuser
host    all         all         124.44.163.130/8      password sameuser
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               password sameuser


「/var/lib/pgsql/data/postgresql.conf」
 listen_addresses = '*'          # what IP address(es) to listen on;
                                        # comma-separated list of addresses;
                                        # defaults to 'localhost', '*' = all
port = 5432
max_connections = 100
更新:2008/09/18 19:17 カテゴリ: PostgreSQL  > 設定 ▲トップ
7件中 1 〜 7 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0