トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「ライセンス」の絞り込み結果 : 2件

2件中 1 〜 2 表示  1 

No.3550 ライセンス

ライセンス
== AGPL
* Affero Gnu Public Licenct
* 第13章以外はGPLを同じ
* インターネット経由でサービスを提供する場合も、そのサービスのソースコードを公開しなければならない
* 無保証・免責(GPLと同じ)
* GPLv3と互換。GPLv2は非互換
* GPLv4からAGPLの内容が組込まれる可能性がある。

== GPLv3
* コピーレフト
* [GNU GPLv3 逐条解説書](http://ossipedia.ipa.go.jp/doc/187/)
* [How to use GNU license for your own software](http://www.gnu.org/licenses/gpl-howto.html) 

== GPLv2
* コピーレフト
* [GNU 一般公衆利用許諾契約書](http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.html.euc-jp)
* [プログラムへの適用方法](http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.html#SEC4)
 
== BSD License
* 非コピーレフト(ライセンシが別のライセンスを適用することが可能)
* 学者向けのライセンス(生物医学部門のソフトなどは後からライセンスを変更できる方が便利)
* GPLよりも古い

== Apache License
* 非コピーレフト(ライセンシが別のライセンスを適用することが可能) 
* BSD License に特許関連を追加したもの

== EUPL
* European Union Public License
* GPLv2 をEUの法律に適用したライセンス
* 国際機関によって作成された初のライセンス
* EUPL では、ライセンサは、製造物責任法(日本の PL 法)が OSS に適用される場合のみ、損害の責任を負うことになる

== MPL
* Mozilla Public License
* GPLv2を元にコピーレフト性を弱めた(準コピーレフト)
* オリジナルのOSSを改変した部分はMPLで再配布する必要があるが、該当OSSで組み合わせたソフトウェアはMPLで配布する必要はない
* Mozilla Foundation のソフトウェアは MPL,GPL,LGPL のトリプルライセンス

== LGPL
* Lesser(レザー:おとった) Gnu Public License
* LGPLv3 : GPLv3 の追加的許可
* GPLv3にライブラリ適用時の特別な許可を与えている
* 準コピーレフト
* 同等の機能のあるプロプライエタリなライブラリが存在する時にだけ適用が推奨される
* GNU C Library

引用元

更新:2011/04/06 15:21 カテゴリ: オープンソース  > ライセンス ▲トップ

No.3549 GPL2ライセンスの参考になる

https://github.com/kunitada/fukansrc

引用元

更新:2011/04/06 12:30 カテゴリ: オープンソース  > ライセンス ▲トップ
2件中 1 〜 2 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0