トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「サーバ構築」の絞り込み結果 : 32件

32件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4  次の10件> 最後»

No.5295 memcache 接続確認スクリプト

memcache 接続確認スクリプト
~~~~
<?php
define('TN_MEMCACHE_IP', 'X.X.X.X');
define('TN_MEMCACHE_PORT', '11211');

$memcache = new Memcache;
$memcache->connect(TN_MEMCACHE_IP, TN_MEMCACHE_PORT) or die ('Could not connect');

echo 'connected';
~~~~

更新:2016/08/22 16:41 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.5140 .screenrc: ログを残す設定

deflog on
logfile "logs/screen-%Y%m%d-%n.log"
更新:2014/09/11 12:00 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.5119 SSL設定(startSSLの場合)

### 前提
* ルータの443ポートを開放しておく
* iptables で 443 が許可されているか確認
~~~~
cat /etc/sysconfig/iptables
~~~~
以下の記載があるか確認
~~~~
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
~~~~

## SSL証明書対応
### 中間証明書・ルート証明書ダウンロード
~~~~
cd /etc/pki/tls/certs/
sudo wget https://www.startssl.com/certs/ca.pem
sudo wget https://www.startssl.com/certs/sub.class1.server.ca.pem
sudo chmod 400 ca.pem sub.class1.server.ca.pem
~~~~

サーバー用秘密鍵からパスワード削除
※Apache起動時のパスワード要求を無しにする
~~~~
sudo cp startssl.key startssl.key.ori
sudo openssl rsa -in startssl.key -out startssl.key
    Enter pass phrase for startssl.key: [サーバー用秘密鍵・証明書作成時のパスワード応答]
~~~~

### 秘密鍵・公開鍵
~~~~
sudo vim startssl.example.com.key
sudo vim startssl.example.com.crt
sudo chmod 400 startssl.example.com.key startssl.example.com.crt
~~~~

## Apache 設定
### mod_ssl のインストール
~~~~
sudo yum install mod_ssl
~~~~

### ssl.conf の設定
~~~~
sudo vim /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
~~~~
<VirtualHost _default_:443>・・・</VirtualHost> をコメントアウト
末尾に下記を追記
~~~~
NameVirtualHost *:443
~~~~

### virtualhost の ssl 設定
~~~~
--- virtualhost.conf.bcup.20140721      2014-07-21 11:50:14.235314032 +0900
+++ virtualhost.conf    2014-07-21 12:10:11.958339237 +0900
@@ -9,6 +9,17 @@
   Options FollowSymLinks
 </Directory>
 
+<VirtualHost *:443>
+  SSLEngine on
+  ServerName example.com
+  DocumentRoot /var/www/sites/example.com/web/
+  SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/startssl.example.com.crt
+  SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/certs/startssl.example.com.key
+  SSLCertificateChainFile /etc/pki/tls/certs/sub.class1.server.ca.pem
+  SSLCACertificateFile /etc/pki/tls/certs/ca.pem
+</VirtualHost>
+
~~~~
設定変更後、httpd restart

引用元

更新:2014/07/21 19:40 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.4688 sshの公開鍵認証設定

sshの公開鍵認証設定
--------------------

## クライアント側設定 ##
* 鍵の作成
~~~~
ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/username/.ssh/id_rsa):
# Enterを押す

Enter passphrase (empty for no passphrase):
# 任意のパスフレーズを入力

Enter same passphrase again:
# パスフレーズ確認
~~~~

* 作成された鍵ファイルの確認
  + 秘密キーが ~/.ssh/id_rsa ファイルに、公開キーが ~/.ssh/id_rsa.pub ファイルに保存される。
~~~~
ls .ssh
id_rsa id_rsa.pub
~~~~

* 公開鍵ファイルをホストにコピー
  +  scpで公開鍵ファイル(id_rsa.pub)をホストにログインした先のホームディレクトリに置いておく。


## サーバ側設定 ##

### パーミッションの変更
* ディレクトリと公開鍵のパーミッションを変更する。
~~~~
chmod 700 /home/ユーザー名/.ssh/
chmod 600 /home/ユーザー名/.ssh/authorized_keys
~~~~

### 鍵を置く
~~~~
cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
~~~~


### sshdの編集

* sshdを認証鍵に対応させる。
~~~~
#
vim /etc/ssh/sshd_config
~~
#PermitRootLogin no
 ↓
PermitRootLogin no


#RSAAuthentication yes
 ↓
RSAAuthentication yes


#PubkeyAuthentication yes
 ↓
PubkeyAuthentication yes


#AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
 ↓
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys


#PasswordAuthentication yes
 ↓
PasswordAuthentication no


#PermitEmptyPasswords no
 ↓
PermitEmptyPasswords no


#UsePAM no
 ↓
UsePAM no


UsePAM yes
 ↓
#UsePAM yes
~~~~

* sshdの再起動
~~~~
#
/etc/init.d/sshd restart
~~~~



## つなぎ方 ##
### ssh コマンド時に鍵ファイルを指定
~~~~
ssh -i /Users/shingo/.ssh/id_rsa user@xxx.xxx.xxx.xxx
~~~~

### ローカルの.ssh/configに設定
~~~~
vi .ssh/config
~~
Host example
  Hostname www.example.com
  User user_name
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
~~~~
* ここに設定しておくとssh接続が楽になる
  + Host:接続する時に使用する名前
  + Hostname:接続先のホスト名
  + User:接続先のユーザー名
  + IdentityFile:秘密鍵ファイルのパス
* 接続
~~~~
ssh example
~~~~
* 初回ログインの時のみパスフレーズを聞かれる


更新:2013/02/12 08:57 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.1168 サーバ構築基本手順

以下、CentOS4.7での設置

◆ユーザ
useradd uzura
passwd uzura

◆最速yum
yum -y install yum-plugin-fastestmirror

yum install -y httpd

◆ユーザ(2)
usermod -d /var/www uzura

◆開発に必須なもの
yum install -y php php-cli php-common php-devel php-gd php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-ncurses php-pdo php-xml php-pear
yum install -y postgresql-server php-pgsql
http://webmemo.uzuralife.com/article/1164

yum install -y mysql-server php-mysql
http://centossrv.com/mysql.shtml

yum install -y vim-enhanced
yum install -y subversion
yum install -y screen
yum -y install sysstat

○ctagsを最新版に
yum remove ctags
wget http://sourceforge.net/projects/ctags/files/ctags/5.8/ctags-5.8-1.i386.rpm/download
rpm -ivh ctags-5.8-1.i386.rpm

◆ユーザ設定
vim .bash_profile
alias V='vim -R -'
alias G='grep'
alias P='pbcopy'
alias UD='nkf --url-input'
export PERL5LIB=/home/bashi/perl/lib/perl:/home/bashi/perl/share/perl
export EDITOR=vim
export PS1="[\u@\h \W]\\$ "
alias less='less -M'
export D=`date +%Y%m%d`
export DT=`date +%Y%m%d%H%M%S`
alias ls='ls -FGhal'
alias ll='ls -FGhal'
source .bash_profile


~/.screenrc
------
escape ^Jj
hardstatus alwayslastline "[%02c] %-w%{=b bw}%n %t%{-}%+w"
startup_message off
vbell off
autodetach on
defscrollback 10000
------

引用元

更新:2011/07/31 10:55 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.3721 yum のキャッシュ削除

yum clean all
更新:2011/05/30 14:40 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.2709 複数人でウェブ開発を行う際の共用開発環境を作成する方法

複数人でウェブ開発を行う際の共用開発環境を作成する方法

出典: Public KFSPedia

目次

[非表示]

グループとユーザの準備

less /etc/group
groupadd webadmin
useradd sousou (wheel且つwebadmin)
useradd kakouton (webadminのみ)
 
id sousou
uid=505(sousou) gid=505(sousou) 所属グループ=505(sousou),10(wheel)
 
id kakouton
uid=506(kakouton) gid=506(kakouton) 所属グループ=506(kakouton)

umaskの準備

vi /etc/profile.d/umask.sh
umask 002

webadminグループを追加

usermod -G wheel,webadmin sousou
usermod -G webadmin kakouton
 
id sousou
uid=505(sousou) gid=505(sousou) 所属グループ=505(sousou),10(wheel),520(webadmin)
 
id kakouton
uid=506(kakouton) gid=506(kakouton) 所属グループ=506(kakouton),520(webadmin)

共用ディレクトリを設定

chgrp webadmin /var/www/sites
chmod 775 /var/www/sites
chmod g+s /var/www/sites
 
mkdir /var/www/sites/example.com/
ll /var/www/sites/example.com
drwxrwsr-x  5 sousou webadmin 4096  513 21:30 example.com

引用元

更新:2010/06/17 12:21 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.2596 nslookup,digのインストール(Linux:FedoraRedHatCentOS)

nslookup,digのインストール( Linux : Fedora RedHat CentOS )

関連

nslookup,digのインストール

 DNSの設定を確認するnslookupやdigは、bind-utilsパッケージに含まれます。bind-utilsパッケージがインストールされていない場合はnslookupやdigが使えません。

# bind-utilsパッケージのインストール
yum -y install bind-utils

 これで、nslookupコマンドとdigコマンドが使用できます。(yumについてはこちら)

 nslookpuは

nslookup ドメイン名

 として使用します。

引用元

更新:2010/06/03 00:08 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.2595 CentOSで&quot;rsync&quot;のデーモンモード

CentOSで"rsync"のデーモンモード

スズキです。

CentOSで"rsync"をデーモンモードで使う方法です。

まずは、必要なパッケージをインストールします。

# yum install xinetd
# yum install rsync

"rsync"のデーモンモードは、"xinetd"経由で利用する形になっています。

次に、対象ファイルの作成です。

# mkdir /tmp/test
# chmod 777 /tmp/test

そして、設定ファイル("/etc/rsyncd.conf")を以下のように作成します。

--------【rsyncd.conf】--------
[test]
path = /tmp/test
hosts allow = 172.21.10.0/24
read only = false
--------

この状態で、"xinetd"を起動すると、"rsync"がデーモンモードで利用できるようになります。

# chkconfig rsync on
# /etc/init.d/xinetd start

最後に適当なサーバから、上記のサーバに対して以下のようなコマンドで、
rsyncコマンドで"rsync"のデーモンモードを利用したディレクトリ同期が確認できます。

# rsync -avx /tmp/test/ 172.21.10.152::test

これで"lsyncd"の準備も完了です。

引用元

更新:2010/06/02 23:56 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ

No.2592 Linuxのファイヤーウォール(iptables)とSELinuxを停止&無効化

Linuxのファイヤーウォール(iptables)とSELinuxを停止&無効Add Starrderagan2akkun_choi

ちゃんと設定しなくていいサーバの場合、ファイヤーウォールとSELinuxが動いていたら、外から見るのにいろいろ不都合なので、停止&無効化するのです。

iptables

$ /etc/rc.d/init.d/iptables stop
$ chkconfig iptables off
$ chkconfig --list iptables 
iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

SELinux

動作状態の確認
$ getenforce
Enforcing
SELinuxを一時的に無効
$ setenforce 0
SELinuxを復活
$ setenforce 1
SELinuxの完全無効
vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=enforcing
   ↓
SELINUX=disabled

設定ファイルを変更したら、あとはrebootすればOK

iptablesSELinuxのちゃんとした設定はおいおいやる予定。。。。

引用元

更新:2010/06/02 20:04 カテゴリ: Linux  > サーバ構築 ▲トップ
32件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4  次の10件> 最後»

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0