トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「ターミナル関連」の絞り込み結果 : 8件

8件中 1 〜 8 表示  1 

No.3143 growl

growlnotify の使い方

■導入
extraディレクトリより

■使用例
growlnotify -t 'title' -m 'message' --image ~/uzura_img_s.jpg

■man(option)
DESCRIPTION
     growlnotify posts a distributed notification to Growl.

     The options are as follows:

     -h, --help  Display this help and exit.

     -v, --version
                 Display version number and exit.

     -n, --name name
                 Sets the application name to register the notification under.  By default 'growlnotify' is used.

     title       The title of the notification.

     -t, --title
                 Does nothing.  This is included to make the syntax compatible with gnotify, another Growl example written in a different programming language.

     -m, --message message
                 Uses message instead of stdin as the notification message (also called description).  If message is '-', stdin is still used.

     -a, --appIcon name
                 Sets the notification's application icon to the icon for the given application name. If you don't specify a notification icon, this will be used
                 instead of it; if you specify both, the application icon may be used as a badge (that is, displayed in a corner of the notification icon, super-
                 imposed on top of it), or the display may show both separately.

                 Icons are not supported by all displays, so this may be ignored.

     -i, --icon ext
                 Sets the notification icon to the default icon for the given extension or HFS-encoded file type. For example, -i mp3 and -i 'MP3 ' (note the
                 space in the second example) will both use the icon for MP3 files.

                 Icons are not supported by all displays, so this may be ignored.

     -I, --iconpath path
                 Sets the notification icon to the given file's icon (the icon you would see in the Finder if you were looking at the file).

                 Icons are not supported by all displays, so this may be ignored.

     --image path
                 Sets the notification icon to contents of the given image file. As of Mac OS X 10.3, this file must be in PNG, JPEG, TIFF, PICT, PDF, JPEG 2000,
                 Adobe Photoshop, BMP, .ico, or .icns format. If the image data is in a format Growl doesn't recognize, the notification will still go through,
                 and the icon will be ignored.

                 Icons are not supported by all displays, so this may be ignored anyway.

     -p, --priority priority
                 Sets the priority for the notification to an int or named key (default is 0).

                 Priority is not supported by all displays, so this may be ignored.

     -s, --sticky
                 Causes the notification to stick around until clicked.

                 Sticky notifications are not supported by all displays, so this may be ignored.

     -d, --identifier
                 Sets the identifier for the notification. The identifier is used for coalescing, which means multiple notifications with the same identifer will
                 use a single bubble, the latest notification taking precedence.

                 Coalescing is not supported by all displays, so this may be ignored.

     -w, --wait  Causes growlnotify to wait until the notification is dismissed (either by clicking or timing out) before it returns.

     -H, --host  Sends the notification to a remote host instead of the local computer.  This option requires the remote host being set up to accept remote noti-
                 fications.  The argument is the host to send the notification to.

     -P, --password
                 Sets the password to be used for the remote notification.  This is necessary if the remote host requires a password for remote notifications.

     -u, --udp   Sends the remote notification with UDP instead of Distributed Objects.

     --port      Sets the port number to use for UDP notifications.

     -A, --auth  Specify digest algorithm for UDP authentication.  Either MD5 [Default], SHA256 or NONE.

     -c, --crypt
                 Encrypt UDP notifications. By default, UDP notifications are sent unencrypted.

     --progress  Set a progress value for this notification.

     growlnotify displays a notification using Growl. If -m isn't specified or is set to '-', the message is read from stdin.  If you don't redirect stdin (e.g.
     with the shell's | or < operators), growlnotify will be reading from the terminal, and you will need to send EOF (normally, ctrl-D) on an empty line to end
     the message.

     If -p is used then priority can be an int between -2 and 2 or can be a named key in the following list: Very Low, Moderate, Normal, High, Emergency.

更新:2010/10/24 10:23 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2860 mac vim 日本語設定

:set enc=utf-8
:set fenc=utf-8
:set fencs=iso-2022-jp,euc-jp,cp932

更新:2010/07/24 21:38 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2854 Mac(v10.6SnowLeopard)/ターミナルの標準出力をクリップボードに送り込む

Mac(v10.6 Snow Leopard)/ターミナルの標準出力をクリップボードに送り込む

最終更新: 2010-05-03 (月) 14:30:28 (79d)

目次 Edit

バージョンと製造年月日 Edit

2010-05-03
Mac OSX v10.6 Snow Leopard

ターミナルの標準出力をクリップボードに入れるやり方 Edit

Macに標準についてくるコマンドで

pbcopy

というものがあるのでこいつを使う。こいつを使えばWebや通常のアプリとのターミナルのいったりきたりがちょっとだけ楽になったりする

ファイル名をクリップボードに入れる Edit

ファイル名をコピーしたいなら

echo hoge | pbcopy

のようにパイプでぶっこんでやるとそのまま入る。ファイル名の選択には各種シェルの補完機能が使えるので入力は楽だ。

ディレクトリ中の Edit

ディレクトリ中のファイル一覧なら

ls | pbcopy

で入る。らくちんである。

引用元

更新:2010/07/22 15:28 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2845 SnowLeopardにscreenをインストールする

Snow Leopardにscreenをインストールする

snow leopardを買ってきたのでscreenをインストールしてみました。
macportでインストールするとエラーになりましたが、以下の記事が参考になりました。

Leopard で cvs版screen

# wget http://ftp.gnu.org/gnu/screen/screen-4.0.3.tar.gz
# tar xvfz screen-4.0.3.tar.gz
# cd screen-4.0.3

ここでpty.cの37行目から39行目をコメントアウトする

/* for solaris 2.1, Unixware (SVR4.2) and possibly others */
/* #ifdef HAVE_SVR4_PTYS
* # include <sys /stropts.h>
* #endif
*/
# ./configure --enable-locale --enable-colors256
# make
# make install

これで無事インストールできました。
今のところ、とりあえず問題は起きていません。

引用元

更新:2010/07/21 10:44 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2841 ターミナルをよく使う人に「BlacktreeVisor」

ターミナルをよく使う人に「Blacktree Visor」

Mac OSXはUnix系OSとあって、ターミナルをうまく使うことで操作を便利にできるようになっている。Windows以上にターミナルを活用するケースが 多い。ピクチャ 4-15

ターミナルをよく使う開発者やサーバ管理者にぴったりのソフトウェアがこれだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはBlacktree Visor、ターミナルをホットキーで呼び出すプラグインだ。

Blacktree VisorはSIMBLというアプリケーション拡張の管理をするソフトウェアを利用する。これのプラグインとしてBlacktree Visorが動作する。

Visor

インストールすると、メニューバーにターミナルのアイコンが表示される。デフォルトでControl+F1をクリックすると、画面上部からターミナ ルがせり出してくる。これはQuake調とのことだ。表示されきると、画面の半分がターミナルになる。

ホットキーは自分の好みに設定することができる。また表示時の時間等の設定もできる。ターミナルを呼び出す際に、いちいちコマンド+Tabキーで切 り返さない分、素早く呼び出せるのが便利だ。

ピクチャ 5-8

尚、SIMBLはCocoaアプリケーションインストール時に同時にインストールされることが多く、既にバージョンが古いものがインストールされて いる場合があるのでご注意いただきたい。ターミナルを便利に使い、かつグラフィカルな操作を求めたいMac OSXならではのソフトウェアだ。

blacktree-visor - Google Code
 http://code.google.com/p/blacktree-visor/

引用元

更新:2010/07/21 01:22 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2827 Snowleopardのターミナルで日本語表示

Snow leopard のターミナルで日本語表示

Macのターミナルは日本語表示が標準で出せません。Snow leopardでは、また少し方法が変わりました。

設定を変えます。

まず、普通のターミナルを起動
  1. メニューの ターミナル>環境設定を選択する。
  2. 設定のタブ>詳細>非ASCIエンコーディングをエスケープ にチェック
  3. おなじく 文字エンコーディングがUTF-8であることを確認する。
  4. ついでに、フォントを14くらいにして設定を保存
  5. その設定をデフォルトに設定しておく。

引用元

更新:2010/07/18 22:11 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2826 MacOSXのterminalでkeepAliveを設定する

Mac OS XのterminalでkeepAliveを設定す るAdd Star

 ssh接 続先からひたすら接続を切られるので、http://miotree.blog26.fc2.com/blog-entry-31.htmlを 参考にして、設定しました。メモとして残しておきます。

 .ssh/config に次の設定を書き込む。

Host *

ServerAliveInterval 120

本当にこれでできているか、よくわからず設定したので、今度MANページ読 んで理解します。

引用元

更新:2010/07/18 21:47 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ

No.2804 右クリペーストがしたい

右クリペーストがしたい

simbl:マックの機能拡張用アプリ
simbl ターミナルでk園作
Visor-Icon downVisor i use
this
676

引用元

更新:2010/07/13 21:47 カテゴリ: Mac  > ターミナル関連 ▲トップ
8件中 1 〜 8 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0