トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「Puppet 」の絞り込み結果 : 1件

1件中 1 〜 1 表示  1 

No.2099 PuppetDashboardを試してみた

Puppet Dashboard を試してみた

February 15th, 2010 by naoya | Filed under day.

Puppet Dashboard  がリリースされたので、さっそく試してみました。

Puppet Dashboard とは、ノード管理とレポートツールを提供してくれる Puppet のウェブアプリケーションです。ノード情報はYAML 形式でエクスポートすることができて、ダッシュボードから外部ノードツールとして使うこともできるようです。

まず、最初にPuppet Dashboard を動作させるために、次のものが必要です。

  • ruby >= 1.8.1
  • rake >= 0.8.4
  • mysql
  • puppet
  • rubygems >= 1.3.2
  • rails >= 2.3.4

さっそくインストールしてみましょう。

$ git clone git://github.com/reductivelabs/puppet-dashboard.git

$ cd puppet-dashboard

$ rake install

rake install すると、dashboard_development というデータベースが作成されてテーブルがいくつか作成されるので、localhost に mysql が起動している必要があります。

Rails アプリケーションなので、さっそく起動します。

$ ./script/server

http://localhost:3000 にアクセスすると、次のような Puppet Dashboard トップ画面が表示されます。

ノードの例として、「sample node」が定義されています。さっそく、ユーザ登録してみます。ユーザ登録は、ユーザ名とパスワードを入力するだけのシンプルな形です。

ユーザ登録できたところで、実際のノードを追加してみます。Nodes タブをクリックして、ノードを追加します。

この他にも、ノードクラス、ノードグループ、レポート、の機能があります。

まず、レポートの機能は、現在の puppet レポートの実行結果が /var/puppet/lib/reports にある場合は、次のコマンドで Puppet Dashbaord へインポートできます。

$ rake reports:import

また、puppet レポートの実行結果が、他の場所にある場合は、次のコマンドで Puppet Dashboard へインポートすることができます。REPORT_DIR という環境変数に Puppet レポートの実行結果を格納してあるディレクトリを指定するだけです。

$ rake reports:import REPORT_DIR /path/to/your/reports

Importing 1 report from /path/to/your/reports
Importing:     100% |##########################################| Time: 00:00:00
1 of 1 report imported

試しに1件レポートデータをインポートした画面は、次のようになっています。

毎回、レポートをインポートするのが面倒なので、Puppet サーバと連携する方法も用意されています。Puppet サーバと連携するには、puppetmasterd に、次のように –reports オプションを指定するだけです。

–reports <puppet_bashboardのサーバ名>

ただし、Puppet Dashboard は、localhost:3000 で動作するようにハードコーディングされています。これを変更するには、lib/puppet/puppet_dashboard.rb を変更する必要があります。

次に Puppet Dashboard には、Puppet 互換の外部ノード情報と連携することができます。Puppet 互換の外部ノード情報は、YAML 形式で出力しますが、Puppet Dashboard に付属している bin/external_node プログラムを使います。このプログラムも、localhost:3000 でハードコーディングされているので、環境に応じて変更するとよいでしょう。

今のところ、僕が Puppet を投入している本番環境ではレポート機能をオフにして、エラーログのみチェックしていますが、比較的少ない台数で運用している場合は、Puppet Dashboard 管理画面からレポートの実行結果をチェックすることができるので、便利なツールと言えそうです。

将来的には、次の機能が実装予定とのことです。

  • LDAP と ActiveDirectory 認証
  • 管理者の権限によるアクセス制御
  • データをよりよく可視化して、情報にアクセスしやすくする
  • さらに多くのノード状態情報(オフライン状態、通信エラー、など)
  • リソースの変更を報告して、トラックキングする
  • Puppet の実行スケジューリング
  • その他のコミュニティからのリクエスト機能

まだ、Puppet Dashboard は登場したばかりなので、これから期待できるツールにもなりますね。

引用元

更新:2010/02/16 10:30 カテゴリ: サーバ管理  > Puppet ▲トップ
1件中 1 〜 1 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0