トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「ソーシャルアプリ」の絞り込み結果 : 3件

3件中 1 〜 3 表示  1 

No.2060 mixiアプリの開発環境

mixiアプリの開発環境


最近、mixiアプリモバイルの開発をいくつか進めていますが、mixiアプリモバイルは携帯端末とソーシャルアプリケーションプロバイダ(弊社のようなmixiアプリを開発しようとしているところ)の間にmixiサーバが入るため、開発効率が思ったほどあがらず困っていました。

mixiアプリモバイルではサーバ間通信が前提のため、開発環境のみで動作確認ができないことが開発効率を下げる原因の一つになっていました。 mixiアプリプラットフォームにも開発で簡単に使えるsandboxのようなところがないため、ソーシャルグラフに実データを使わざるを得ず、テスト データの用意が面倒ですし、弊社の携帯サイト開発で使っている自社製携帯端末エミュレーターもひと工夫しないと使えないということで、通常の携帯サイト開 発に比べていくつか乗り越えないといけない壁があります。


sap1.jpg

そこでApache incubatorで開発が進められているOpenSocialコンテナ「Shindig」とShindigに対応したSNS「partuza」 を組み合わせたmixiアプリプラットフォームシミュレータを用意することにしました。mixiアプリはOpenSocial準拠ですが、独自機能が拡張 されていますので、partuzaもそれにあわせて拡張して使ってます。その結果、弊社では下記のような開発環境を用意しています。

sap2.jpg


弊社ではモバイル開発がメインなのでpartuzaも携帯対応しています。

これで開発効率が上がればモバゲー、GREEなどの各OpenSocialプラットフォームエミュレーターも作っていきたいです。

引用元

更新:2010/02/04 10:06 カテゴリ: web開発  > ソーシャルアプリ ▲トップ

No.1828 OpenSocialTutorial

OpenSocial Tutorial

http://wiki.opensocial.org/index.php?title=OpenSocial_Tutorial
http://code.google.com/intl/ja/apis/opensocial/

引用元

更新:2009/12/08 03:36 カテゴリ: web開発  > ソーシャルアプリ ▲トップ

No.1521 mixiアプリで始めるOpenSocial入門(1)

WINGSプロジェクト 土井 毅 [著] 山田 祥寛 [監修] 2009/09/23 14:00
はてなブックマーク

 
1 2 3 4 →

OpenSocialとは

  SNS(Social Networking Service:ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、その名の通りソーシャルな(≒人間関係の)ネットワークを、インターネット上で構築する サービスです。2005年頃から着実に普及を続け、今や膨大な会員数と、さらに膨大な数の会員同士のネットワーク情報を抱えるようになっています。SNS の基本的な機能としては、次のようなものがあります。

  • 人を検索し、自分の友人として登録する機能
  • 他の人とメッセージをやり取りする機能
  • 自分のプロフィールや日記など、自分についての情報を編集する機能
  • 他の人のプロフィールや日記などを閲覧、コメントする機能
  • 自分の情報を更新した時に友人に通知する機能
  • 何かのテーマに関心を持つ人同士がコミュニケーションを取るためのコミュニティ機能

 多くのSNSサービスはこうした基本的な機能を提供しています。

  またSNSの中には、SNSの基本的な機能に留まらず、自サイトにユーザーが滞在する時間を長くするため、直接SNSとは関係のないものも含め、ガジェッ トやウィジェットと呼ばれる小さなWebアプリケーションをページ上に表示するものもあります。ネットワーク上での自分の分身とも言えるアバター機能や無 料・有料のゲームを提供するSNSなどもあり、SNS上のアプリケーションは急速に増えています。

 例えば日本最大の会員数を持つmixi のポータルページには、「マイミクシィ(mixiでの友人を指す用語)」や「コミュニティ」などのSNSの基本的な機能だけでなく、「mixiニュース」 「注目のキーワード」「カレンダー(天気予報付き)」などのガジェットが表示されています。また、ポータルページ以外でも、「フォトアルバム」などのアプ リケーションがmixiプラットフォーム上に構築されています。

開発プラットフォームのオープン化がもたらす相乗効果

  これまで、こうしたアプリケーションは基本的にSNS運営/開発会社だけが構築してきました。しかし、SNSが成長するにつれ、SNS上のアプリケーショ ンをSNS運営会社だけが提供するクローズドな環境から、さまざまな会社や個人が自由にアプリケーションを構築して公開できるオープンな環境にしていく、 という大きな流れができつつあります。

 膨大な会員数と、会員相互の友人ネットワーク情報を持つSNSは、外部の企業にとっても非常に魅力 的なアプリケーションプラットフォームと言えます。また、外部の企業に自社SNSのプラットフォームを開放し、アプリケーションを開発してもらえるなら ば、SNSの魅力を増し、SNS運営会社にとっても利益を生むことになります。SNS上のアプリケーション開発プラットフォームのオープン化はこのような 流れから進んできたと言えるでしょう。

 もちろんプラットフォームがオープン化されても、SNSごとに開発手法が異なってしまうならば、ア プリケーション開発は容易ではありません。「複数のSNSサイトで共通に使える開発プラットフォームが欲しい」という開発者の願いに応えるのが、本連載で 扱うOpenSocialです。

一度理解すればどのSNSサイトでも動かせる「OpenSocial」

 OpenSocialはGoogleによって開発された、SNS上のアプリケーションのための共通API仕様です。Google自身のかかわるOrkutや世界最大の会員数を持つMySpace、そして日本でもmixiやgooなどのサービスが対応しています。

 OpenSocialでは、対応するSNSをコンテナと呼んでおり、OpenSocial仕様に沿ってアプリケーションを構築すれば、複数のコンテナ(=SNS)に対応したアプリケーションをリリースすることができます。OpenSocialのキャッチフレーズは「learn once, write anywhere(一度使い方が分かれば、どのサイトでも動作するアプリケーションが書ける)」というものであり、まさしくSNSアプリケーションを作る開発者の期待に沿うものです。

 「Containers - OpenSocial」では、現在OpenSocialに対応しているSNSが紹介されていますが、OpenSocialに対応するSNSの会員数は3億人以上とも言われ、対応するサービスの数は40以上にもおよびます。

OpenSocial対応サービスの一覧
OpenSocial対応サービスの一覧

  日本でも8/24にmixiがサービスを正式公開したこともあり、OpenSocialを使ったアプリケーション開発は、今がまさに旬な時期と言えるで しょう。本連載では、実際にmixi上でアプリケーションを作成しながらOpenSocialのさまざまな機能に触れていきます。

なお、OpenSocialの最新版は2009年4月に公開されたv0.9ですが、OpenSocial対応のコンテナの多くは、v0.8.1までの対応となっています。本連載でも、v0.8.1をベースとして解説します。

 
1 2 3 4
→

引用元

更新:2009/09/23 22:07 カテゴリ: web開発  > ソーシャルアプリ ▲トップ
3件中 1 〜 3 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0