トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「いろいろ」の絞り込み結果 : 1件

1件中 1 〜 1 表示  1 

No.1351 2系→3系コンバータ

2系⇒3系コンバータ

symfonyのタスクとしての実装

 理想としては以下のような呪文を叩くだけでDBが3系のものに置き換わるような実装です。

$ ./symfony openpne:upgrade-from-2

 とても簡単。かっこいい

 それにこういった実装だとOpenPNE3に組み込まれたDoctrineを使ってDBを抽象化できますしね。今までよりずっと良い方法であることは疑いようがないわけです。

今考えている仕様と動作制約

 当然ながら僕はこの呪文が多くのSNS管理者様に唱えてもらえることを望んでいます。なので、できれば管理者の方々に負担をかけたくありません。

 できるだけ皆が楽できるように、極力自動化することを目指します。

  • upgrade-from-2を唱えると今までのデータを引き継いだOpenPNE3のSNSがセットアップされる
  • 当然そのあとにプラグインのインストールなどの煩わしい作業はない
  • 2系のデータはすべて残す (3系未実装項目があるため)

 自動的にセットアップし、プラグインもインストールして、データも移行する。

 個人的には、DBだけでなく、サイトデザインもまるごと移行できればいいなとも思っているのですが、それはまだまだ夢の段階のようです。

OpenPNE3化で失うもの

 この移行はきっとすばらしいものではありますが、失うものもあります。

 OpenPNE2とOpenPNE3は、言ってしまえばまったく別ものなので、「2系にある機能」なのに「3系では未実装」、という機能がいくつかあります。

 機能の対応状況は下のページに詳しく書いてあります。「実装済み」になっていない機能は対応されていない可能性が高いです。

OpenPNE3機能一覧

 これらの機能はOpenPNE3化後は使えません(これは僕のせいではありませんよ)。今できることは開発チームをムチ打って大急ぎで実装させるか、実装される日のために黙って今までのデータを大事に取っておくことくらいです。

2系のデータはどうなる?

 こういった事情から、2系のデータはそのまま取っておかなければなりません。この扱いについては今一度憂慮するべきでしょう。将来的にはいろんな環境のSNSでも便利に使ってもらいたいと考えてはいます。

 ただ、とりあえずは動くものを作りたい。なので実装の手間を考えて、2系のデータはDBごと残し、3系はDBを新規作成してインストールするようにしています。つまりOpenPNE3化するためにはデータベースが2個必要です。

 レンタルサーバではDBが1個に限定されているところも多いので、どうしても後回しになってしまいますが、別に見捨てたつもりはないです。

開発の進捗状況

 まだ使える状態ではありませんが、開発は以下のブランチ上で進めています。

http://trac.openpne.jp/browser/OpenPNE3/branches/fukamachi/db-convert-from-2.x/

 DBコンバータ自体はopenpneUpgradeFrom2Task.class.phpです。

引用元

更新:2009/08/21 09:10 カテゴリ: OpenPNE3  > いろいろ ▲トップ
1件中 1 〜 1 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0