トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「XUL」の絞り込み結果 : 1件

1件中 1 〜 1 表示  1 

No.1217 構文

構文

  • ページの内容は、表示領域にページ内容が収まりきる最大の文字サイズで自動的に表示されます。
  • ページ内容の最初と最後の連続する改行や空白文字列は、無視されます。

編集画面では、以下の編集記号を使ってプレゼンテーションを編集できます。

普通の改行
改行します。
----(半角ハイフン4つ以上の連続)
改ページします。
[文字列]
文字列を隠します。隠された文字列は、クリックすることによって表示できます。
[[EM:強調したい文字列]]
文字列を強調します。複数行に渡るテキストも含むことができます。
[[PRE:整形済みテキスト]]
整形済みテキストを表示します。複数行に渡るテキストも含むことができます。
[[RAW:XML]]
[[ENCODED:XML]]
XMLを埋め込む。現在のところXHTML、XUL、SVGについて動作を確認済みですが、MathMLは表示されず、埋め込めるものについてもまだまだ挙動が怪しいです。
[[リンク先URI]]
URIにリンクします。相対パスを指定した場合、外部データファイル(後述)もしくはtakahashi.xulの置かれたディレクトリを基準とした相対パスとして解釈します。
[[ラベル|リンク先URI]]
URIにリンクします。リンク文字列はラベルとして指定した文字列になります。相対パスを指定した場合、外部データファイル(後述)もしくはtakahashi.xulの置かれたディレクトリを基準とした相対パスとして解釈します。
[[IMAGE src="画像のパス" width="" height="高さ"]]
[[IMG src="画像のパス" width="" height="高さ"]]
イ ンラインで画像を表示します。相対パスを指定した場合、外部データファイル(後述)もしくはtakahashi.xulの置かれたディレクトリを基準とし た相対パスとして解釈します。幅・高さは数値(単位はピクセル)またはパーセント値(ウィンドウサイズに対する割合)で指定できます。幅か高さのどちらか 一方を指定すると、元画像のアスペクト比を保ったまま拡大縮小します。幅・高さを両方とも省略すると、画像本来のサイズで表示します。
[[#クラス名:文字列]]
クラス名を指定して文字列を表示します。具体的には、以下のように変換されます。
<description
class="クラス名"
value="文字列"/>
複数行に渡るテキストも含むことができます。
<vbox class="クラス名 block">
<description value="1行目"/>
<description value="2行目"/>
</vbox>
スタイルシートに専用の記述を追加して使ってください。
[[#{スタイル指定}:文字列]]
CSSの記法でスタイル指定を直接埋め込むことができます。例:
[[#{font-size:0.5em;color:gray;}:ほげほげ]]
|セル内容|セル内容|セル内容...
表の行を定義します。隣接する「|」で始まる行は、統合されて一つの表になります。「<br/>」と書くと、その位置でセル内で改行します。「|」の後に「~」を付けると、そのセルだけ強調して表示するようになります。
SIZE::文字サイズ
ページの内容の文字サイズを0(最小)以上の数値で設定します。10で画面全体の表示になり、それ以上だと画面からはみ出すようになります。この定義行はプレゼン実行時には表示されません。
GLOBAL-SIZE::文字サイズ

初期状態での全体の文字サイズを0(最小)以上の数値で設定します。10で画面全体の表示になり、それ以上だと画面からはみ出すようになります。初期値は9です。

一度指定すると、次に新しい値を指定し直すまでの間のすべてのページで有効になります。そのページでだけ一時的に文字サイズを変更したい場合、SIZE::を使います。

なお、この定義行はプレゼン実行時には表示されません。

TITLE::タイトル文字列
HEADER::ヘッダ文字列
FOOTER::フッタ文字列
文書タイトル、ヘッダ、およびフッタを定義します。それぞれ、一度値を指定したものは、次に新しい値を指定し直すまでの間のすべてのページで有効になります。なお、この定義行はプレゼン実行時には表示されません。
CHAPTER::チャプター名
ドロップダウンメニューからページを選択する際のチャプターを指定できます。チャプター名が無指定の場合、文書タイトルがチャプター名になります。
ALIGN::left、start、right、end、またはcenter
そのページの内容の水平配置を変更します。leftまたはstartで左寄せ、rightまたはendで右寄せになります。この定義行はプレゼン実行時には表示されません。
GLOBAL-ALIGN::left、start、right、end、またはcenter

初期状態での全体の、内容の水平配置を変更します。leftまたはstartで左寄せ、rightまたはendで右寄せになります。初期値はcenter(中央寄せ)です。

一度指定すると、次に新しい値を指定し直すまでの間のすべてのページで有効になります。そのページでだけ一時的に水平配置を変更したい場合、ALIGN::を使います。

なお、この定義行はプレゼン実行時には表示されません。

HIDDEN::true
IGNORE::true
プレゼン実行時、そのページを飛ばて実行します(そのページが非表示になります)。
STYLE::true
そのページの内容をスタイルシートとして適用します。ページはプレゼン実行時には表示されません。スタイル定義をデータファイルの中にまとめておくのに利用できます。
LOAD::引数
「data=hoge.txt」のような起動オプションと同じ書式の引数を与えることで、その引数で起動し直します。
SET-TIMER::引数
プレゼン開始時に、指定の時間でタイマーをセットします。「10min」「300sec」「1hour」などの単位を指定可能です。単位を指定せずに数値だけを指定すると、「分」として解釈します。

起動オプション

takahashi.xulにアクセスする際、「takahashi.xul?オプション」という形で以下のオプションを指定することができます。また、オプションは「&」または「;」でいくつも記述することができます。

data=パス
外 部データファイルを読み込んで起動します。データファイルの形式は、エンコーディングがUTF-8のテキストファイルです(編集画面の構文で記述)。 UTF-8でうまくいかない時は、UTF-16で試してみてください。相対パスを指定した場合、takahashi.xulの置かれたディレクトリを基準 とした相対パスとして解釈します。
style=パス または css=パス
外部に置いたスタイルシートを読み込んで起動します。スタイルシートの形式はCSS(text/css)のみ対応しています。相対パスを指定した場合、takahashi.xulの置かれたディレクトリを基準とした相対パスとして解釈します。
edit=true
編集モードで起動します。
eva=true
エヴァモード(白黒反転・明朝体表示)で起動します。
page=ページ番号
指定した番号のページを開いた状態で起動します(通常は1ページ目を表示して起動)。

また、「takahashi.xul#ハッシュ」という形でも読み込み時の状態を指定できます。状態を示すフラグはカンマ区切りで指定します。

edit
編集モード。
eva
エヴァモード。
pageページ番号
指定した番号のページを開いた状態。
編集モードの状態、エヴァモードの状態、およびページ番号は、ハッシュによる指定があれば、起動オプションよりもそちらを優先します

引用元

更新:2009/07/26 16:55 カテゴリ: プレゼン  > XUL ▲トップ
1件中 1 〜 1 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0