トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「twitter(通常利用)」の絞り込み結果 : 2件

2件中 1 〜 2 表示  1 

No.2181 twitterの短縮URLbit.lyの使い方

twitterの短縮URL bit.lyの使い方

公開日時:
2009/10/28 09:56
著者:
谷田部輝真
 
 

短縮URLサービスとは、相手に見てほしいURLが長過ぎる場合、それを短縮してくれるサービスです。

bit.ly以外にも、tinyurl などたくさんの短縮URLサービスがありますが、現時点で、twitterはbit.lyが標準の短縮URLサービスになっています。

twitterでは、自動的にbit.lyのURLに変換されてしまうので、その短縮URLで取得できる情報に関して、あまり気にしていない人もいると思います。

ですが、実はこのbit.lyでは、URLを短縮する以外に、いろいろな情報を取得することができるのです。

自分のつぶやきの影響度を知りたい人や、マーケティングに利用したい方、また、昨今ではフォローミー祭りとかで、フォロワーの数によるその人のインフルエンサー度合いがわかりずらくなっているようですので、

本格的なマーケティングとはいわないまでも、知っておくと大変便利な情報をまとめておきます。

 

まずは bit.lyという本体サイトにアクセスしましょう。

 

上記のような画面が表示されます。
早速、適当にリンクしたいURLを入力してShortenボタンを押してみましょう。

 

 

 するとyour bit.ly link: のところに、短縮URLが生成されました。これをコピーボタンを押してコピーし、twitterのつぶやきフォームにペーストします。

 

こんな感じです。

この短縮URLをクリックした誰もが、自分が指定したリンクのWEB画面を見ることができます。

そして、その短縮URLがクリックされた数を知りたい場合、bit.lyのページのから、それを知ることができます。

http://bit.lyを再度開きましょう。(先ほどの画面をリロードしてもらってもかまいません。)
そうすると、下の方にHistoryという欄があります。この欄に、過去に生成した短縮URLが表示されています。

 

 

こんな感じにクリックが1と表示されます。

 

#【注意】クローラーからのアクセスも拾ってしまうとの話です。

 

もっと詳細に知りたい場合は、infoというボタンを押してみてください。

 この短縮URLの詳細画面が表示されます。

 

 

短縮のURLが実際に表示するリンク先の情報

この情報は、セキュリティー対策としても非常に重要だと思います。

クリック数 

クリックされた数

トータルクリック数

実際に表示するリンク先のURLが同じで、bit.lyにて短縮URL化したもののクリックの総数です。

 

なお、いちいちinfoボタンを押さなくてもよいです。

 

例えば、

http://bit.ly/40CAqO

のような短縮URLの間に

 http://bit.ly/info/40CAqO

とすると、詳細情報のページが見れます。

 

 

続いて、

 

 

時系列でのクリック数推移や、

自分以外のユーザーが自分が指定したURLに関してつぶやいてる内容が見れます。

 

タブをReferrersにすると、リファラー(クリックの参照元)が表示されます。

 

 

ここで、非常にびっくりするのが,PCの本体サイト(twitter.com)の利用は、ものすごく少ないことがわかります。

僕の分析では、おおよそ5分の1以下です。他は、サードパーティーによるアクセスです。

残念ながら、どのソフトウェアなのか、iPhoneからなのか?等はわかりませんが、結構な割合だと思います。

 

Locationタブは、文字通り地域別のアクセスですね。

Japanまでで都道府県がないので、世界を相手にしていない限りあまり活用方法はないかなと。
たまに、米国やロシアやイギリスからクリックされていることがわかります。www

 

さらにちょっと応用です。

 

bit.lyに会員登録することで、

自分が生成した短縮URLを一元に保持することができます。なお、サブドメインをもらえます。

下記が私のそれにあたります。 

http://yatabe.bit.ly/

私は、つぶやきのURLをブックマーク代わりに使ってます。

 

さらに、さらに応用。

 

TweetDeckなどのクライアントでは、bit.lyで生成されるキーを利用して、短縮URLが、先ほどのbit.lyアカウント
に自動的に結びつくように設定することができます。

こうすることで、bit.lyにアクセスしてshotenボタンを押さなくてもよくなるので便利です。

右上の設定ボタンから、下記の画面でキーを設定します。

 

 

そういえば、TweetDeckは、twitterの方からを紹介されて使ってます。その他にも、いろいろなツールをいろんな方から教えていただき ました。おかげさまで、いろいろ学んばせてもらったので、たいした内容ではありませんが、どなたかのお役に立てればと思い。まとめてみました。

この場にてお礼申し上げます。ありがとうございました。

引用元

更新:2010/03/10 18:46 カテゴリ: webサービス  > twitter(通常利用) ▲トップ

No.1207 twitterで投稿

twitter2mixi#m_easy

mixiに特定のつぶやきだけを、日記として書き込むようにする。 使い方: 1.反応させるハッシュタグを決める「#m」 2.自分のTwitterRSSをセットする「http://twitter.com/statuses/user_timeline/5286672.rss」 3.Run PipeしてできあがったRSS(Get as RSS)をコピーしてmixiの外部ブログ登録をする 4.あとは「今日は早く帰るよ#m」「これは、mixiには配信されないよ」などとつぶやいてみる 5.mixiの日記には#mがついたつぶやき「今日は早く帰るよ#m」だけが、日記として登録される

引用元

更新:2009/07/24 09:38 カテゴリ: webサービス  > twitter(通常利用) ▲トップ
2件中 1 〜 2 表示  1 

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0