トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「基本」の絞り込み結果 : 14件

14件中 1 〜 10 表示  1 | 2  次の4件> 最後»

No.3374 symfonyのモジュール名・アクション名では「-(ハイフン)」とか許可されていないのか

symfony のモジュール名・アクション名では「- (ハイフン)」とか許可されていないのか

---------------
lib/vendor/symfony/lib/controller/sfController.class.php

  public function forward($moduleName, $actionName)
  {
    // replace unwanted characters
    $moduleName = preg_replace('/[^a-z0-9_]+/i', '', $moduleName);
    $actionName = preg_replace('/[^a-z0-9_]+/i', '', $actionName);

---------------
更新:2011/01/19 18:44 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.1035 コントローラとアクション

コントローラ
    モジュール
        1個のモデルに対し1モジュール
        1モジュールに対し複数アクション
        REST
            HTTPを使ったプロトコル
            URLの概念
                リソースのみを表す
                動作を含めるべきではない
            リクエストメソッド
                head
                put
                    ブラウザが対応しえいないことが多い
                        IEとか
                    APIで使われることが多い
                    symfonyでputメソッドを選択すると
                        POSTであるがhiddenでputを仕込む
    アクション
        働き
            モデルを決める
            viewを決める
                自動的に呼び出されるview
                    successページを自動的に出力
                    successの場合は書く必要は無い
                指定する
                    sfView::SUCCESS
                        参考
                            <http://www.php.net/manual/ja/language.oop5.paamayim-nekudotayim.php>
                            スコープ演算子
                                5移行は「static」宣言が必要
                            オブジェクト定数
                                <http://www.php.net/manual/ja/language.oop5.constants.php>
                                PHP5以降はdefineでの定数定義は使わない
                                    オブジェクト定数
                                        定数内でのみ有効
                                        名前がかぶる心配が無い
                                    定数のデメリット
                                        配列駄目
                                        書き換えられない
                        sfViewクラスのSUCCESS定数を呼び出す
                    static

引用元

朝勉
更新:2009/06/10 10:47 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.917 カスタム設定

カスタム設定

◆appsごとの場合
# apps/frontend/config/app.yml
all:
  active_days: 30

アプリケーションではこれらの設定は グローバルなsfConfigクラスを通して利用可能です。:

sfConfig::get('app_active_days')

app_ が接頭辞として付けられます。

◆プロジェクトごとの設定
~プロジェクト規模での設定~ が必要な場合、 symfonyプロジェクトのrootのconfigフォルダで新しいapp.ymlファイルを作るだけです。
更新:2009/05/16 23:17 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.821 入門2:DB設定&モジュール追加

◆DB作成
echo "CREATE DATABASE DB-name DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root -p
◆DB設定ファイルの編集

【ドクトリンの場合】
config/ProjectConfiguration.class.php

public function setup()
{
  $this->enablePlugins(array('sfDoctrinePlugin'));
  $this->disablePlugins(array('sfPropelPlugin'));
}

SF plugin:publish-assets
rm web/sfPropelPlugin
rm config/propel.ini
rm config/schema.yml
mkdir config/doctrine

(プロペルの場合)
config/propel.ini
config/databases.yml

※パスワードを設定している場合は要編集

◆DB構造
config/schema.yml
-----------------------
propel:
  bbs:
    id:           ~
    nickname:      { type: varchar(255), required: true }
    title:         { type: varchar(255), required: true }
    body:         { type: longvarchar }
    is_public:    { type: boolean, required: true, default: 1 }
    email:        { type: varchar(255) }
    created_at:   ~
    updated_at:   ~
-----------------------

 doctrine:build-all-reload --no-confirmation

SF propel:build-all --no-confirmation
△ 詳細
      SF propel:build-sql         SF propel:insert-sql --no-confirmation         SF propel:build-model
        SF propel:build-forms
◆DBデータ SF cc data/fixtures/010_categories.yml ----------------------- なし ----------------------- SF propel:data-load

◆モジュール作成:
SF doctrine:generate-module --with-show --non-verbose-templates frontend job JobeetJob

SF propel:generate-module [オプション] 対象apps 作成するモジュール名 モデル名(テーブル名)
SF propel:generate-module --with-show --non-verbose-templates frontend bbs Bbs
 
⇒(結果) http://~/uzurabbs/frontend_dev.php/bbsで表示されるようになる(簡易表示)
「new」リンクよりデータの追加ができる

更新:2009/05/16 22:00 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.836 設定ファイル

◆プロジェクト設定
config/properties.ini

◆ルーティング
apps/frontend/config/routing.yml

◆セキュリティ
apps/frontend/config/security.yml
apps/frontend/modules/job/config/security.yml

◆アプリケーションごとの設定
apps/frontend/config/app.yml
【例】
all:
  active_days: 30

⇒設定値の取得:
sfConfig::get('app_active_days')
◆yml形式の説明
symfony.xrea.jp/1.1/book/05-Configuring-Symfony.html


更新:2009/05/10 23:57 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.855【引用】schema.ymlの記述

この表現を毎回調べている気がするのでschema.ymlでの指定可能な表現をpropel-build-schemaを実行して調べてみました。左のカラムがmysqlで指定した型、右のカラムはpropel-build-schemaタスクを実行した結果です。

mysql
抽象表現(schema.yml)

varchar
VARCHAR

tinyint
TINYINT

text
LONGVARCHAR
...

引用元

更新:2009/05/06 21:34 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.849 クラスのアクセス権限ルール

クラスの要素(メンバ)の宣言にはアクセス権限をかけ!
    private
        クラス内のみ
        symfonyではほぼ使わない
            OpenPNE3でも同様
            ※拡張できないため!!!
    protected
        クラス内も無理
        子クラスからはOK
    public
        でふぉると
        だが書け!
更新:2009/05/06 11:24 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.848 symfonyドキュメント

困ったら
    www.symfony-project.org/book/1_2/

ぷろぺる(ばーじょん1.3)
    propel.phpdb.org/trac/wiki/Users/Documentation/1.3
        あんまり当てにならないかも?
ドクトリン
     www.doctrine-project.org/documentation/manual/1_0/en/introduction
    1.1最新(OpenPNE3では1.0)

symfonyの基本理解者向け
    www.symfony-project.org/doctrine/1_2/en/
    ※分りやすい!!
   
コーディング規約
    trac.symfony-project.org/wiki/HowToContributeToSymfony#CodingStandards



更新:2009/05/06 11:16 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.847 jobeetの大事なところ

    3
    4
    5
        ルーティング
            OpenPNE3使っているが低
    6
        モデルに関して悩んだらここ!!
    7
        具体的機能
            みとけ
    10
    13
    19
        国際化
    20
        プラグインについて
            OpenPNE3では使っていない
            ふるい⇒読まなくていいかも
更新:2009/05/06 11:14 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ

No.844 formクラスの基本

◆基本
・ノーマルformクラスとぷろぺるformクラスがある
参考サイト:symfony.xrea.jp/1.1/forms_book/01-Form-Creation.html#chapter.1.form.creation

◆ノーマルformクラスの構成

  • ~バリデーション~: バリデーションサブフレームワークは入力(整数、文字列、Eメールアドレス・・・) をバリデートするクラスを提供します。
  • ~ウィジェット~: ウィジェットサブフレームワークはHTMLフィールド(入力、テキストエリア、選択・・・) を出力するクラスを提供します。
  • フォーム: フォームクラスはウィジェットとバリデータで構成されるフォームを表し フォームの管理を手助けするメソッドを提供します。 それぞれのフォームフィールドは独自のバリデータとウィジェットを持ちます。
◆例
class ContactForm extends sfForm
{
public function configure()
{
$this->setWidgets(array(
'email' => new sfWidgetFormInput(),
'message' => new sfWidgetFormTextarea(),
));
 
$this->setValidators(array(
'email' => new sfValidatorEmail(),
'message' => new sfValidatorString(array('max_length' => 255)),
));
}
}
※注
・255文字以下の文字列でなければなりません(sfValidatorString)
・requiredオプションに対するデフォルトの値はtrue

◆+α

mergeForm()メソッドを利用してフォームを別のフォームにマージする もしくはembedForm()メソッドを利用して埋め込みできます:

$this->mergeForm(new AnotherForm());
$this->embedForm('name', new AnotherForm());





引用元

更新:2009/05/06 01:25 カテゴリ: symfony  > 基本 ▲トップ
14件中 1 〜 10 表示  1 | 2  次の4件> 最後»

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0