トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「vim」の絞り込み結果 : 57件

57件中 11 〜 20 表示 «最初 <前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 ... 次の10件> 最後»

No.4053【引用】vimでCodeIgniterをいじる時の便利なスニペット・改 | blog :: e2esound.net

vimでCodeIgniterをいじる時の便利なスニペット・改 | blog :: e2esound.net
http://e2esound.net/blog/article/41

6月にvimでCodeIgniterを使う場合に有用な?スニペットについて記事を書きました。

vimでCodeIgniterをいじる時の便利なスニペット
もう3ヶ月も前なの…感がありますが、もう少し便利にできたのでまとめてみます。
vimの環境
vimのPlugin、 neocomplcache か snipMate が必要です。
入っていればwin環境でも問題なく動作するはずです。(動かなかったら教えて下さい…)
vimrcへの追加
...

引用元

更新:2011/09/04 10:07 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3585 ページ内で変数の使用箇所を検索

ページ内で変数の使用箇所を検索

vim の ctr+* を使う
更新:2011/04/21 09:19 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3529 _メモ:Vimで文字数カウント

_ メモ:Vimで文字数カウントAdd Star

たとえばm行目からn行目までの文字数をカウントしたければ :m,ns/./&/g とすればよい.マッチした1文字に対してマッチした1文字そのものと置換する,という無意味なことをやっていて,置換を行うと置換された箇所の数が返ってくるのでその数で文字数がわかる,という仕組み.日本語でも1文字は1文字扱いされるので最近のVimなら大丈夫.

引用元

更新:2011/03/29 00:15 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3305 改行コードの置換

改行コードの置換

改行コードを挿入するにはCtrl+vと押した後にEnterを押せばよい。以下の例ではスペースを改行に置換。

 

%s/ /^M/g;



:5,27s/\n/ : ^M/gc
更新:2010/12/18 19:15 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3243 vim-pluginのオレオレ設定管理

vim-pluginのオレオレ設定管理

http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe335/20100418/1271516525
vim-pathogen


引用元

更新:2010/11/26 14:24 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3242 symfonyに特化したvimプラグイン

symfony に特化したvimプラグイン
https://github.com/soh335/vim-symfony/tree/master/doc/


*symfony.txt* Improve your symfony project in vim
 
Version: 0.10
Author: soh kitahara
URL: http://github.com/soh335/vim-symfony/tree/master
==============================================================================
INTRODUCTION *symfony-introduction*
 
*vim-symfony* はsymfonyでの開発の際に便利な幾つかのコマンドを提供する Vim
プラグインです。
 
==============================================================================
INTERFACE *symfony-interface*
 
------------------------------------------------------------------------------
COMMANDS *symfony-commands*
 
*:Sview*
:Sview [{application}] [{module}] [{template}] [{type}]
template ファイルを開きます。action ファイルを開いている際に、引数を与
えずに実行した場合は現在のカーソル位置から|g:vim_symfony_default_search_action_top_direction|
に応じた向きに function execute というメソッドを検索し、見つかった場合
対応する template ファイルを開くことが出来ます。
 
{type} には success または error を与える事で明示的にエラーファイルを
開く事が出来ます。typeを指定しなかった場合はデフォルトでは success が与
えられます。
 
*:Saction*
:Saction [{application}] [{module}] [{action}]
action ファイルを開きます。template ファイルを開いている際に、引数を与
えずに実行した場合は、現在のファイル名に応じた action ファイルを開きま
す。
 
{action} を与えずに実行した場合は
apps/{application}/modules/{module}/actions/action.class.php
を開きます。
 
*:Smodel*
:Smodel [{name}]
model ファイルを開きます。引数を与えずに実行した場合はカーソルの下にあ
る単語から model ファイルを探し見つけた場合開きます。
 
model ファイルの構成が
 
lib/model/foo/**
lib/model/bar/**
 
のような場合は
 
|:Smodel|foo {name} のように実行する必要があります。
 
*:Sfilter*
:Sfilter [{name}]
filter ファイルを開きます。|:Smodel| と同じ振る舞いをします。
 
*:Sform*
:Sform [{name}]
form ファイルを開きます。|:Smodel| と同じ振る舞いをします。
 
*:Spartial*
:[range]Spartial [{module}] {partial}
partial ファイルを開きます。引数を与えないで実行した場合現在のカーソル
が存在するラインから
 
include_partial という文字列を探し指定されているモジュールに存在する
partial ファイルを開きます。
 
template ファイルを開いている際に range を指定し実行した場合引数に応じ
たファイルに 選択した内容を書き出し、選択されていたものを
 
<?php include_partial('{module}/{partial}'); ?>
 
に書き換えます。{module} が省略された場合は現在開いている template
ファイルが存在する {module} がデフォルトして与えられます。
 
*:Scomponent*
:[range]Scomponent [{module}] {component}
component ファイルを開きます。|:Spartial| と同じ振る舞いを行ないま
す。違う点は
 
include_component という文字列を扱う事です。
 
*:Salternate*
:Salternate
現在開いているファイルに関連するファイルを開きます。
 
model ファイルを開いている場合 doctrine をプロジェクトで利用している場
 
Foo.class.php と FooTable.class.php
 
propel を利用している場合は
 
Foo.php と FooPeer.php
 
の切り替えを行ないます。
 
view, action ファイルを開いている場合はそれぞれへの切り替えを行いま
す。
 
*:Symfony*
:Symfony [{option}]
{option} に応じたプロジェクトのsymfony タスクの実行を行ないます。
 
|:Symfony| cc
 
のように利用する事でエディタを終了することなく symofny cc タスクを実行
することが出来ます。タスク名は補完されません。
 
*:SymfonyOpenProject*
:SymfonyOpenProject
|g:vim_symfony_auto_search_root_dirctory|が無効になっている場合等に
実行することで symfony のディレクトリを探し、|symfony-commands|のコマ
ンドを定義します。
 
OTHERCOMMANDS *symfony-other-commands*
上記のコマンドのうち、|:Salternate|, |:Symfony|, |SymfonyOpenProject|
以外のコマンドにおいてファイルを開く際に |split|, |vsplit|, |tabnew|
を行い開くための alias のようなコマンドが用意されています。
 
例えば |:Saction| の場合
 
|split| : SSaction
|vsplit|: SVaction
|tabnew|: STaction
 
のようなコマンドが用意されています。
==============================================================================
OPTION *symfony-option*
 
*g:vim_symfony_auto_search_root_dirctory*
g:vim_symfony_auto_search_root_dirctory
このオプションが1なら vim-symfony はファイルを開く度に symfony のディレ
クトリを探し、なおかつ symfony というファイルを探しあった場合
vim-symfony を有効化します。デフォルトは1です。
 
*g:vim_symfony_default_search_action_top_direction*
'g:vim_symfony_default_search_action_top_direction
action ファイルから |:Sview| を実行する際に対応するメソッドを探す向
を指定します。1ならカーソルから上方向、0なら下方向になります。
 
*g:vim_symfony_autocmd_version*
g:vim_symfony_autocmd_version
このオプションが1なら symfony のディレクトリを見つけ、vim-symfony が有
効化された際に symfony のバージョンに応じた User イベントが発生 します
 
例えば
 
autocmd User Symfony10 setlocal tags+=$HOME/tags/symfony10.tags
autocmd User Symfony14 setlocal tags+=$HOME/tags/symfony14.tags
 
のように設定することで symfony 1.0 と 1.4 によって利用するタグファイル
の変更等が行う事が出来ます。
 
またこのオプションが0の場合は Symfony という User イベントが発生します
 
*g:vim_symfony_{name}_default_open_cmd*
g:vim_symfony_{name}_default_open_cmd
|symfony-commands|で定義された、 |:Saction| のようなデフォルトコマンド
の挙動を |split|, |vsplit|, |tabnew| などに変更する事が出来ます。
 
{name} には action, view, model, form, filter, partial, component を指
定することが出来ます。
==============================================================================
CHANGELOG *symfony-changelog*
0.10:
- 大幅な修正
- doctrine への対応
- fuzzyfinder, snipMate 用のインターフェースを消去
- 日本語のドキュメントを追加
0.05:
- 幾つかのバグの修正
- g:g:symfony_filetyp option オプションを追加
- fuzzyfinder インターフェースの修正
0.04:
- fuzzyfinder のためのインターフェースを追加
   - symfony という filetype を付加するように変更
   - snipMate.vim 用のスニペットを追加
0.03:
- 幾つかのバグの修正
0.02:
- vim-symfony を有効化出来ないバグを修正
- 幾つかのバグの修正
0.01:
- 初版
==============================================================================
 
vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl:noet:fen:fdl=0:fdm=marker:
 




引用元

更新:2010/11/26 14:22 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.3172 ci-2.0.0.dict::CodeIgniter2.0.0辞書ファイルforVim/GVim

ci-2.0.0.dict::CodeIgniter2.0.0辞書ファイル for Vim/GVim

ci-dict_head

CodeIgniter2.0.0のvim用辞書ファイルを作成しました。最新版はgithubにあります。

github:ci-2.0.0.dict http://bit.ly/bDyKXl

注意

この辞書ファイルは、CodeIgniter2.0.0の本家版ドキュメントを元に、クラス、関数、引数に関してまとめたものです。

本日現在のbitnucketにある最新版CodeIgniter 2.0.0のドキュメントは十分でなく、新たに追加されたjQuery ClassやCapcha Helper等に関してはドキュメントがありません。ドキュメントに追加が行われた場合、または私本人のモチベーション次第で随時辞書データを追加してい きます。

作業方法は内容を確認しながらの手作業です。手作業で行っている為typoが含まれる可能性があります。ご利用の際にはその点にご注意ください。ま た、typoや不足を発見された場合には、githubでforkしていただき修正いただくか、当blogへのコメント、辞書ファイル内のメールアドレス にご連絡頂けると助かります。

辞書ファイルの扱いについては、”AutoComplpop vim”や”neocomplcache vim”で検索をかけると見つかると思います。

 

辞書ファイルを作る目的

・Vim/GVimでの開発高速化(辞書機能ベースの自動補完機能)
・CodeIgniter利用へのユーザーコストの低減
・CodeIgniterユーザーでVimmer増えないかな、という期待

辞書ファイルとは関係ありませんが、snippet.vimのようなスニペット管理プラグインを使用するとControllerやModelの定型フォーマットが一瞬で作れてかなり便利になります。

OSSの中でできること

オープンソースは多くの人の力を少しずつ少しずつ借りながら成長していきます。こんな辞書ファイルを公開してみたり、友人にお勧めしてみたり、日本 語ドキュメントの作成に参加したり、hackをまとめてたりできることは沢山あります。CodeIgniterでも何かしてみませんか?

引用元

更新:2010/11/06 11:09 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.2496 すぐに使いこなせるオススメvimplugin

すぐに使いこなせるオススメvim plugin

こんにちは。vimをビムと発音する派のryosukeです。

ウノウでエディタといえば、以前はvimかemacs、それもvim優勢(ユーザー数的に)だったのですが、最近は色んなエディタやIDEを使ってる人が増えています。

私は以前はemacsを使っていたのですが、今ではemacsでヤンクの仕方を忘れてしまうぐらいにvimユーザーになってしまいました。とはいえ、vimを使いこなしてるとは到底言えず、 最速のキーリピートに頼る毎日です。

そんな私ですが、いくつか愛用しているプラグインがあるので、今回紹介させていただこうと思います。どのプラグインも基本的に ~/.vim/plugin にコピーするだけで使えます。

yanktmp

ファイルを経由することで異なるプロセスのvim間でレジスタ(クリップボード)を共有する(かのようにコピペする)ことができます。screenでいくつも vim を開いたりする人にはオススメです。

また、レジスタ履歴ツールがいまいちしっくりこない私にとっては、レジスタ、クリップボードに継ぐ第三の一時保存場所だったりもします。

ファイルに保存してくれるというところが強力で、ヤンクの一時保存ファイルを編集して貼り付けるなど、いろいろと便利に使えます。

ドキュメントのままですが、.vimrc に以下を追加します

map <silent> sy :call YanktmpYank()<cr>
map <silent> sp :call YanktmpPaste_p()<cr>
map <silent> sP :call YanktmpPaste_P()<cr> 

let g:yanktmp_file = '/home/user/tmp/yanktmp'

前述のようにヤンクの一時保存ファイルに気軽にアクセスしたいので、ヤンク文字列保存先ファイル(yanktmp_file)はhomeディレクトリ以下を指定しています。

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1598

eregex

perl互換正規表現でテキスト検索出来るプラグインです。
基本的に vim の正規表現をきちんと憶えてないので、だましだましあいまい検索をしていたのですが、このプラグインを入れてからは楽になりました。

#vimとviを検索
:M/vim?/
#hoge数字をfuga数字に置換
:S/hoge([0-9])/fuga¥1/
例がひどくてすいません。

http://www.vector.co.jp/soft/unix/writing/se265654.html

QuickBuf

バッファリストをワンキーでリスト表示&操作できるプラグインです。
複数バッファも使わない人が意外と多い気がするのですが、これがあればキーひとつ覚えておけばなんとなくで操作できると思います。

標準は F4 キーが割り当てられていて、jkで移動しエンターで決定、dでバッファ削除ぐらい覚えておけば十分です。覚えてなくても想像通りですね。

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1910

以上、3つほど紹介させていただきました。
超便利な高機能プラグイン等は使いこなせてませんが、この3つは便利に使わせていただいてます。

手軽で便利なオススメプラグインがあったらぜひ教えていただきたいです。

引用元

更新:2010/05/14 10:21 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.2427 VIEditor/LinuxTerminalCheatSheet(PDF)

VI Editor / Linux Terminal Cheat Sheet (PDF)

Advertisement

We’ve been releasing many icon sets and WordPress themes on Smashing Magazine, yet today we are glad to announce the release of a bit different freebie. This post features a VI Help Sheet, a cheat sheet for the VI Editor, for all web-developers out there who are working on Linux. The help sheet was designed by GoSquared and released for Smashing Magazine and its readers.

Vi 10 05 03 Vihelpsheet 450x4501 in VI Editor / Linux Terminal Cheat Sheet (PDF)

The cheat sheet contains terminal commands for modes and controls, inserting text, cursor navigation, deleting text, searching and replacing. Download it. Print it. Stick it on the wall and get commanding.

Download the cheat sheet for free!

Vi Image1 in VI Editor / Linux Terminal Cheat Sheet (PDF)

Vi Image2 in VI Editor / Linux Terminal Cheat Sheet (PDF)

引用元

更新:2010/05/06 10:41 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ

No.2369 vimでコマンドの出力をキャプチャする

vimでコマンドの出力をキャプチャする

vimで:mapとかしたとき、その出力を検索したかったんですけど、やりかたがわからなかったのでtwitterで聞いたら解決方法を教えていただきました。ありがとうございました。

http://twitter.com/kana1/status/12874074721

:redirで出力をリダイレクトできるんですね。知らんかった。詳しくは:help redirしてもらうとわかると思うんですが、以下の様な感じでキャプチャを取れます。

:redir > file
:silent map
:redir END

他にも変数とかレジスタにもリダイレクトできます。でもまあこれだといろいろとめんどいので一発でキャプチャとれるような設定書こうと思ってたら以下の設定を教えてもらいました。

http://twitter.com/tyru/status/12929276859

Shougoさんによる完成版が以下。

gist: 369112 - GitHub

これで

:Capture map

でキャプチャとれるようになりました。ブラボー。

for name in ['kana', 'Shougo', 'tyru'] | exe 'let '.name.'+=1' | endfor

追記:さらに自分好みに修正してみた。buftype=nofileにしたりバッファ名に入力したコマンドを入れたりとか。

引用元

更新:2010/04/28 09:45 カテゴリ: ソース・開発  > vim ▲トップ
57件中 11 〜 20 表示 «最初 <前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 ... 次の10件> 最後»

Python

フロントエンド開発

Linux

web開発

svn・git

ソース・開発

プロマネ

マネタイズ

FuelPHP

HTML・CSS

JavaScript

プレゼン

Alexa

webサービス運用

webサービス

Mac

サーバ管理

MySQL

PHP

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0