トップ  > サーバ管理  > AWS  > 記事

No.5433 AWS環境でなるべく格安でセキュリティ対応する

- DDos攻撃対応: AWS Shield Standard(標準で付属・無料)
- WAF: AWS Shield →設定したルール数 ×従量課金(月\1000以内と予測)
-- 設定ルール要確認
- 不正侵入検知: sshログイン時に通知メール
- 不正侵入防止: 作業時以外は ssh ポート閉じる
- 不正改竄検知: AIDE(Advanced Intrusion Detection Environment) ※OSS/無料
- 不正改竄防止: 行わない(検知時に適切に対応 or スナップショットから再構築)
- アンチウィルス:
-- Clam AntiVirus ※OSS/無料
-- Trend Micro Deep Security as a Service
--- ↓みると1日26円くらい?(まじで?)
---- https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B01LXMNGHB?qid=1554443034968&sr=0-1&ref_=srh_res_product_title
--- 代理店通すと高いので、MarketPlace で購入して自分で入れる必要あり

引用元

更新:2019/04/05 16:35 カテゴリ: サーバ管理  > AWS ▲トップ

Python

フロントエンド開発

Linux

web開発

svn・git

ソース・開発

プロマネ

HTML・CSS

JavaScript

Alexa

Docker

webサービス運用

webサービス

Mac

サーバ管理

MySQL

PHP

FuelPHP

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

プレゼン

マネタイズ

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0