トップ  > ハードウェア  > 一般  > 記事

No.453 液晶ディスプレイ・・・

検索してみる、プラズマディスプレイだが「画素画素ピッチ」というものがあった。
やはり、ひとつひとつの画素の縦横の大きさ・・・というか距離かな?で、画質を示す数値のひとつのようだ。つまり、小さければ小さいほうが画質よくなる。(きめこまかくなる)

念のため確認。
厳密に違うのだろうが、表示画面サイズを最大解像度で割れば、画素ピッチに近い数になるのでは??
今、購入検討中のモデルNo.01なっている日本サムスンの「SyncMaster 192T」、こんなスペックだ。

表示画面サイズ(横) 376.3×301mm
最大解像度 1,280×1,024
画素ピッチ 0.297mm

376.3mm÷1,280=0.293
301mm÷1,024=0.293

なんとなく近いですね。
これで納得。
ひとつの粒の大きさ、0.3mmくらいなんですね。いやー、小さい♪

ついでに他の用語の意味も調べてみよう。
ビッグカメラ.comの液晶ディスプレイ特集ページの説明がわかりやすい。

画素ピッチ 液晶パネルを構成する画素同士の距離を画素ピッチ言います。
同サイズなら画素ピッチの細かい方がより緻密な画像を表示できます。
最大表示色 同時に表示できる色の数のことで1677万色表示をフルカラー呼びます。
最大輝度 輝度画面の明るさを表し、cd/m2(カンデラ/平方メートル)表記します。
DVD-Video再生を楽しむなどの、TV的な用途で使う場合最大輝度の高いものがおすすめです。
視野角 正常な画像を見ることのできる角度のことです。
視野角が狭い、正面から画面を見ている場合でも、
中央付近四隅の色味が異なってしまうことがあり、パネルサイズが大きいほど、この傾向顕著になります。
応答速度 画面表示の命令が出てから、画面を描き終わるまでに必要な時間のことを指します。
応答速度速いほど(数字が小さいほど)、3Dゲームプレイ時・動画再生時などの残像現象が少なくなります。
※メーカーによって測定方法や表示基準が異なりますので目安程度にご参照ください。
更新:2008/10/30 21:53 カテゴリ: ハードウェア  > 一般 ▲トップ

Python

フロントエンド開発

Docker

AWS

nginx

Node.JS

Linux

web開発

サーバ管理

GCP

svn・git

ソース・開発

プロマネ

HTML・CSS

JavaScript

Alexa

webサービス運用

webサービス

Mac

MySQL

PHP

FuelPHP

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

プレゼン

マネタイズ

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Facebook develop

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0