トップ  > OpenPNE2  > 豆知識  > 記事

No.1020 携帯版でのSlavePNEについて

◆携帯版でのSlavePNEについて
【認証】
・携帯通常ログイン
従来通りSlavePNE認証を行う

・かんたんログイン
Slave認証は行わない(Masterサーバへのアクセスはしない)

※SNS側DBに登録されている個体識別番号を使い認証を行う
※初回ログイン時(個体識別番号未登録時)のみ、MasterのIDとパスワード
によるSlavePNE認証が必要(個体識別番号登録後、簡単ログインが可能となる)

【初期登録】
・携帯からも初期登録可能

《登録フロー》
 (1)ログイン画面よりslavePNE認証を行う
 (2)プロフィール(必須項目)の入力
 (3)携帯メールアドレスの登録

※PCでSNS初期登録済みの場合「(2)プロフィール(必須項目)の入力」が
省略される


【SlavePNEの注意点】
※SNS設定項目でSNSの動作に反映されない項目があります
・「メンバー招待可否」は「招待不可にする」しか選択できない
・「招待制/オープン制」で「オープン制」は選択できない
・「個体識別番号の登録を必須にする」設定は、SlavePNEでの運用時は無効

※SlavePNEでの運用時は、PC版の使用時にはPCメールアドレス、携帯版の
使用時には携帯メールアドレスの登録が必須となる

更新:2009/06/25 10:54 カテゴリ: OpenPNE2  > 豆知識 ▲トップ

FuelPHP

Mac

フロントエンド開発

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

Python

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0