トップ  > メモ一覧 : 2,871件

2871件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4 ... 次の10件> 最後»

No.5494 ECR / ECS / CodeBuild / CodePipeline 概観

## 概要
### ECR
* Docker Container リポジトリ

### CodeBuild
* Git リポジトリを指定して ECR リポジトリを作成する

### ECS
* ECR を動作させる

### CodePipeline
CodeBuild で作成した ECR を ECS にデプロイする

## 手順
* ECRを作成する(空)
* CodeBuild で Git リポジトリとECRを指定して Docker Image を作成・登録する
* ECSを設定する
    + タスクを登録する
        - 使用するECRを指定する
        - アプリの動作に必要な環境変数を指定する
    + クラスタを登録する
    + サービスを登録する
        - 先に登録したタスクを指定
        - サーバをぶら下げるELBを指定する
* CodePipeline を設定する
    + Gitリポジトリを指定 →デプロイのトリガとなる
    + 使用するCodeBuildを指定
    + デプロイ先の ECS を指定
 
更新:2020/06/10 23:34 カテゴリ: AWS  > CodeBuild/ECR/ECS ▲トップ

No.5493 codebuild の NATゲートウェイ の指定

## NATゲートウェイとは
* プライベートサブネットからインターネットへの出口
* 外からは入れない

## ポイント
NATゲートウェイ → 外に出られるサブネット(インターネットゲートウェイ)があるサブネットに作成する
codebuild は プライベートサブネットに配置する

### NAT Gateway
サブネット:  fggc-prod-subnet-public_a

### ルートテーブル
サブネット fggc-prod-subnet-private_a に紐づくルートテーブル
→ ルートの編集 → ルートの追加
- 送信先: 0.0.0.0/0
- ターゲット: 作成したNATゲートウェイ

### codeBuild
- サブネット: fggc-prod-subnet-private_a
- セキュリティグループ: fggc-prod-sg-web

引用元

更新:2020/06/06 23:11 カテゴリ: AWS  > CodeBuild/ECR/ECS ▲トップ

No.5492 git log を整形して一覧出力する

 git log --date=short --no-merges --pretty=format:"%h %cd %s (@%cn) " -n 10

引用元

更新:2020/05/26 15:32 カテゴリ: svn・git  > git ▲トップ

No.5491 サブドメ付きのリクエストの場合のみBasic認証をかける

*** サブドメ付きのリクエストの場合のみBasic認証をかける
 
<VirtualHost *:80>
  ServerName localhost
  VirtualDocumentRoot /var/www/sites/%0/public
</VirtualHost>
 
<Directory "/var/www/sites">
  Require all granted
  Options FollowSymLinks
  AllowOverride all
 
  <If "%{HTTP_HOST} -strcmatch '*.example.com'">
    AuthUserFile /var/www/sites/.htpasswd
    AuthType Basic
    AuthName "Restricted Access"
    Require valid-user
  </If>
</Directory>
 
 
*** サブドメ付きのリクエストかつ、指定のIPアドレス以外からのアクセスの場合にBasic認証をかける
 
<VirtualHost *:80>
  ServerName localhost
  VirtualDocumentRoot /var/www/sites/%0/public
</VirtualHost>
 
<Directory "/var/www/sites">
  Require all granted
  Options FollowSymLinks
  AllowOverride all
 
  <If "%{HTTP_HOST} -strcmatch '*.example.com'">
    AuthUserFile /var/www/sites/.htpasswd
    AuthType Basic
    AuthName "Restricted Access"
    Require valid-user
 
    Order deny,allow
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from Basic 認証不要でアクセスを許可するIP
    Deny from all
    Satisfy any
  </If>
</Directory>
 
更新:2020/05/25 10:07 カテゴリ: Linux  > apache ▲トップ

No.5490 &nbsp;指定のIPアドレス以外からのアクセスの場合にBasic認証をかける設定例

指定のIPアドレス以外からのアクセスの場合にBasic認証をかける設定例
 
````
<VirtualHost *:80>
  ServerName example.com
  DocumentRoot /var/www/sites/example.com/public/
 
  <location />
    AuthType Basic
    AuthName "Input ID and Password."
    AuthUserFile /var/www/sites/.htpasswd
    AuthGroupFile /dev/null
    require valid-user
 
    Order deny,allow
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from Basic 認証不要でアクセスを許可するIP
    Deny from all
    Satisfy any
  </location>
</VirtualHost>
````
 
 
更新:2020/05/25 09:56 カテゴリ: Linux  > apache ▲トップ

No.5489 環境変数の取得

 const env = process.env
console.log(env.HOGE)
更新:2020/05/21 22:57 カテゴリ: Node.JS  > 基本・全般 ▲トップ

No.5488 S3+CloudFront で静的サイト配信

 ## 手順 ##
### バケット作成
* S3ログ用
    + バケット作成
    + S3ログ配信グループに書き込み権限を付与する
* CloudFrontログ用
    + バケット作成
    + S3ログ配信グループに書き込み権限を付与する
* ファイル配信用
    + バケット作成
    + サーバーアクセスのログ記録設定
        - S3ログ用バケットを指定
        - 

引用元

更新:2020/05/20 11:38 カテゴリ: AWS  > S3 ▲トップ

No.5482 aws cli で S3 扱う基本

### バケット一覧取得:
aws s3 ls --profile=prof-name 

### バケット作成
aws s3 mb s3://バケット名 pal--profile=prof-name

### ファイル一覧取得:
aws s3 ls --profile=prof-name s3://バケット名
更新:2020/05/20 11:20 カテゴリ: AWS  > S3 ▲トップ

No.5487【引用】ECS/Fargate の基本

AWS ECS には Clusters, Task Definitions, Repository の3つの設定項目がある
 
* Clusters:
    + 複数の Service をまとめて動作させる箱。
* Service:
    + 複数の Task をまとめて動作させる箱。
* Task Definitions:
    + Task とは、Docker コンテナの動作単位
    + 使う Docker image は AWS の Repositories から取ってきても良いし、他の Docker repository を使っても良い。
* Repositories:
    + AWS 用の Docker Repository. Docker im...

引用元

更新:2020/05/18 22:26 カテゴリ: AWS  > CodeBuild/ECR/ECS ▲トップ

No.5486【引用】バケットの作成



 

aws-cliを使ってS3で静的コンテンツを公開する

AWS S3 aws-cli

More than 3 years have passed since last update.

前提

aws-cliが入っていること
IAMのパーミッションがいい感じに設定されていること

Credentialがconfigureもしくは環境変数に設定されてること
※ --profile 使ってもいいです

default region が ap-northeast-1 で設定してあること
※ 別にいいんだけど適宜いい感じに読...

引用元

更新:2020/05/15 12:55 カテゴリ: AWS  > S3 ▲トップ
2871件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3 | 4 ... 次の10件> 最後»

Python

フロントエンド開発

Docker

AWS

nginx

Node.JS

Linux

web開発

サーバ管理

GCP

svn・git

ソース・開発

プロマネ

HTML・CSS

JavaScript

Alexa

webサービス運用

webサービス

Mac

MySQL

PHP

FuelPHP

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

プレゼン

マネタイズ

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0